So-net無料ブログ作成
旅・散歩-関東(神奈川) ブログトップ
前の10件 | -

電車で行く川崎・横浜貨物列車探訪 その3:根岸・横浜市電保存館編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

お昼で帰宅する予定を延長して、
鶴見駅でJR鶴見線から、JR京浜東北線へ乗り換えます。

kanagawa301s_DSC08788.JPG

磯子駅行きの電車へ乗車して25分ほどで、
JR根岸線の根岸駅に到着します。

kanagawa302s_DSC08791.JPG

根岸駅のホームへ降りると、
タンク車(タキ1000形)が見えます。

kanagawa303s_DSC08793.JPG

ホームから近いので、じっくり観察できます。

kanagawa304s_DSC08800.JPG

計画を変更して根岸駅まで来ましたが、
沢山のタンク車を見ることができました。

kanagawa305s_DSC08808.JPG

満足してホームの階段を登ると、
遠くまで無数のタンク車の風景が!

kanagawa306s_DSC08811.JPG

あっち側へ行ってみたい!と、
改札を出て磯子駅方面へ線路沿いを歩きます。

kanagawa307s_DSC08812.JPG

10分ほど歩くと、
横浜プールセンターの通りから、
JR根岸線のガードの先へ行けそうです。

kanagawa308s_DSC08825.JPG

行ってみると、製油所の入口で、
先には進めませんでした(汗)

kanagawa309s_DSC08818.JPG

ここで諦めますが、
確か、この近くに横浜市電保存館があって、
歩いて10分ほどで行けるのでは?
と行ってみたら、15分ほどかかって到着です(汗)

kanagawa310s_DSC08829.JPG

入館すると、最初に車両展示コーナーがあります。

kanagawa311s_DSC08871.JPG

昭和3年(1928年)に導入された500型です。

kanagawa312s_DSC08851.JPG

木製の車内も自由に入れて、
当時の雰囲気そのままです。

kanagawa313s_DSC08837.JPG

運転席も、当時のまま保存されてます。

kanagawa314s_DSC08834.JPG

狭い運転スペースで、
今の時代だとブラックでしょうか(汗)

戦前のごっついデザインの、
昭和3年(1928年)に導入された1000型と、
昭和11年(1936年)に導入された1100型です。

kanagawa315s_DSC03992.JPG

戦後の輸送力増強のため、
昭和22年(1947年)に導入された1300型です。

kanagawa316s_DSC04001.JPG

昭和26年(1951年)に導入された1500型です。

kanagawa317s_DSC04000.JPG

前面の窓や塗装などの特徴で、
時代による違いがわかります。

そして、昭和32年(1957年)、
最後に製造された横浜市電で、
4枚折戸が特徴の1600型です。

kanagawa318s_DSC03993.JPG

明治37年(1904年)から昭和47年(1972年)まで、
「ちんちん電車」の愛称で親しまれた、
こんな電車たちが横浜の街を走ってたんですね。

現役の頃に乗車してみたかったですね。

車両展示コーナーの奥へ行くと、
歴史展示コーナーがあって、
横浜の都市交通の歴史が展示されてます。

kanagawa319s_DSC08857.JPG

時代に沿って、模型の展示もあります。

kanagawa320s_DSC08856.JPG

さらに奥へ行くと、
パソコンの液晶モニターそのままな感じですが、
市電シミュレーターもあります。

kanagawa321s_DSC08864.JPG

ちょっと挑戦したかったですが、
周りはママとお子様ばかりなので、
オジサンは興味ない振りをして通り過ぎます(汗)

鉄道模型の展示もあって、
運転ショーや、自分で運転することもできます。

kanagawa322s_DSC08867.JPG

さて、帰りは、歩き疲れたし、暑いし、
現在の横浜市民の足、
横浜市営バスを利用します(汗)

kanagawa323s_DSC08879.JPG

今回、電車で行けて貨物列車が見れる駅を巡りましたが、
旅先で偶然に出逢う貨物列車と違って、
意識して見物すると、機能美も見えてきますね!

また、流れで寄ってみた横浜市電保存館ですが、
ほぼご家族連れで、ちょっと場違いでしたが、
当時の市電や歴史など、感じることができました。


今年(2019年)11月30日(土)に、
相鉄新横浜線が開業して、
JR貨物の横浜羽沢駅に隣接する、
羽沢横浜国大駅が誕生するので、
こちらも見物しに行ってみたいです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(86)  コメント(0) 

電車で行く川崎・横浜貨物列車探訪 その2:JR鶴見線編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

JR貨物新鶴見機関区を見物したあとは、
JR横須賀線の新川崎駅すぐ近くの、
JR南武線鹿島田駅から川崎駅行きの電車に乗車して、
尻手(しって)駅でJR南武支線へ乗り換えます。

kanagawa201s_DSC08705.JPG

JR南武線は3色帯(黄色・オレンジ色・ぶどう色)の
6両編成のE233系電車が運行してますが、
JR南武支線は2色帯(緑色・黄色)で、
2両編成の205系1000番台ワンマン電車です。

kanagawa202s_DSC08711.JPG

電車は尻手駅を発車すると、
貨物線沿いに走ります。

kanagawa203s_DSC08708.JPG

尻手駅から8分ほどで、
終着駅の浜川崎駅に到着します。

kanagawa204s_DSC08713.JPG

ここで、JR鶴見線へ乗り換えますが、
30分ほど時間の余裕があるので、
駅のホームで貨物列車を待ってみます。

すると、貨物列車が来ました。

kanagawa205s_DSC08715.JPG

EF65形2000番台電気機関車(国鉄特急色)が牽引する、
コンテナ列車が目の前を通過します。

kanagawa206s_DSC08722.JPG

すぐ近くを走る貨物列車は迫力がありますね!

kanagawa207s_DSC08724.JPG

しばらくして、JR南武線の浜川崎駅の改札を出ます。

kanagawa208s_DSC08729.JPG

JR南武線の浜川崎駅のすぐ前に、
JR鶴見線の浜川崎駅があって、
どちらも無人駅です。

kanagawa209s_DSC08730.JPG

3両編成の205系1100番台電車へ乗車します。

kanagawa210s_DSC08731.JPG

車内の様子ですが、浜川崎駅からは乗客が少ないです。

kanagawa211s_DSC08736.JPG

電車は浜川崎を発車して次の駅、
武蔵白石駅では、タンク車が見えます。

kanagawa212s_DSC08738.JPG

武蔵白石駅の次の駅、
安善(あんぜん)駅で下車します。

kanagawa213s_DSC08741.JPG

武蔵白石駅から見えたタンク車は、
安善駅の構内の貨物線に停車してます。

kanagawa214s_DSC08750.JPG

安善駅の改札を出ます。

kanagawa215s_DSC08763.JPG

踏切から安善駅を眺めます。

kanagawa216s_DSC08760.JPG

タンク車の近くに行ってみようと、
駅前の通りを武蔵白石駅方面へ向かって歩きます。

kanagawa217s_DSC08756.JPG

工場や企業が多いところなので、
土曜休日に営業しているお店は見当たりません。

タンク車が眺められそうなところもなく、
10分ちょっと歩いたら武蔵白石駅に到着しました(笑)

kanagawa218s_DSC08768.JPG

改札を入って、駅構内の踏切を渡ります。

kanagawa219s_DSC08769.JPG

JR鶴見線はローカル線の雰囲気があります。

鶴見駅行きの電車へ乗車します。

kanagawa220s_DSC08778.JPG

武蔵白石駅から11分ほどで鶴見駅に到着します。

kanagawa221s_DSC08787.JPG

神奈川県民なのに、
初めて乗車したJR南部支線JR鶴見線ですが、
ローカル線の雰囲気もあって面白いので、
また別の機会に、じっくり乗車してみたいです。

安善駅で見物したタンク車ですが、
ちょっと距離が遠くて物足りなかったので、
お昼で帰宅する計画を変更して、
鶴見駅からJR京浜東北線へ乗り換えて、
横浜駅方面へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(90)  コメント(4) 

電車で行く川崎・横浜貨物列車探訪 その1:新川崎編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

鉄道模型(Nゲージ)の貨物列車について、
前回のブログ記事にしましたが、その流れで、
地元神奈川県内でお気軽に電車で行ける、
貨物列車・車両が見れそうなところへ行きました。

まず、JR横須賀線へ乗車して、
新川崎駅8:48到着、ここで下車します。

kanagawa101s_DSC08600.JPG

新川崎駅のホームからは、
沢山の電気機関車が見えます。

kanagawa102s_DSC08606.JPG

新川崎駅に隣接して、
JR貨物の車両基地の新鶴見機関区があります。

kanagawa103s_DSC08607.JPG

新川崎駅の改札を出ます。

kanagawa104s_DSC08608.JPG

新川崎駅は、JR横須賀線新鶴見機関区を跨いだ、
長い橋の上にあります。

kanagawa105s_DSC08630.JPG

橋の上から、横浜駅方向を眺めます。

kanagawa106s_DSC08628.JPG

橋の上から、武蔵小杉駅方向を眺めます。

kanagawa107s_DSC08618.JPG

沢山の電気機関車があって絶景ですね!

橋を渡って近くから電気機関車を見物します。

EH500形(写真左)と
EF65形2000番台国鉄特急色(写真右)です。

kanagawa108s_DSC08634.JPG

洗車中のEF210形です。

kanagawa109s_DSC08644.JPG

次は、武蔵小杉方面へ向かって、
工場が多い通りを歩きます。

kanagawa110s_DSC08646.JPG

新川崎駅の橋を渡ってから、
歩いて10分ぐらいのところに、
「新川崎ふれあい公園」があります。

kanagawa111s_DSC08649.JPG

ここからは、JR貨物の線路がよく見えます。

kanagawa112s_DSC08655.JPG

貨物列車が通過するのを待ってましたが、
30分ほどしても来ないので、
すぐ近くの橋を渡って、新川崎駅へ戻ります。

kanagawa113s_DSC08658.JPG

コンテナ車を眺めながら歩きます。

kanagawa114s_DSC08662.JPG

新川崎駅に到着しますが、
JR横須賀線へは乗車しません。

kanagawa115s_DSC08668.JPG

新川崎駅から5分ほど歩くと、
JR南武線の鹿島田駅があります。

kanagawa116s_DSC08673.JPG

朝から食べてなくて空腹なので、
駅前の立ち食いそば「かしわや」に立ち寄ります。

kanagawa117s_DSC08677.JPG

「肉そば+かき揚げトッピング」(550円)
をいただきます。

kanagawa118s_DSC08681.JPG

こちらのお蕎麦は、
普通の立ち食いそばクオリティの麺ですが、
分厚くて大きなかき揚げは、
揚げたてでサクサク美味しいです。

お腹が満足したあとは、
JR南武線の鹿島田駅から、
川崎駅行きの電車へ乗車します。

kanagawa119s_DSC08684.JPG

鹿島田駅から4分ほどの
尻手(しって)駅で下車します。

kanagawa120s_DSC08697.JPG

尻手駅から南武支線に乗り換えますが、
その間、並走する貨物線を走る、
貨物列車が通過します。

kanagawa121s_DSC08689.JPG

kanagawa122s_DSC08691.JPG

今回、JR横須賀線へ乗車すると、
いつも気になっていた、
新川崎駅近辺で見える電気機関車を、
じっくりと確認・見物できました(汗)

このあと、初めて乗車する南武支線で、
次の目的地へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(89)  コメント(2) 

寒川花見散歩(鎌倉花見散歩の続き) [旅・散歩-関東(神奈川)]

一旦、鎌倉での花見散歩は終わりにして、
江ノ電(江ノ島電鉄)に乗車して藤沢駅に到着します。

samukawa101s_DSC00380.JPG

まだ時間も早い(10:45頃)ので、
この日(3月30日)の桜開花情報を検索していたところ、
寒川神社が満開とあったので、JR東海道本線へ乗車して、
茅ヶ崎駅でJR相模線へ乗り換えます。

samukawa102s_DSC05520.JPG

JR相模線205系電車4両編成で運行されてますが
前面デザインに特徴がある、
相模線専用の205系500番台電車です。

茅ヶ崎駅11:09発車の電車へ乗車して、
宮山駅11:20到着、ここで下車します。

samukawa103s_DSC05534.JPG

7~8分ほど歩いて、満開の桜が見えてきたら、
寒川神社に到着です。

samukawa104s_DSC05537.JPG

神池橋を渡って、参道を歩きます。

samukawa105s_DSC05561.JPG

参道を歩いていくと、立派な神門があります。

samukawa106s_DSC05541.JPG

神門を入ると、大きな御社殿があって、
約1,600年の歴史を感じます。

samukawa107s_DSC05542.JPG

寒川神社は、
全方向からの厄災を取り除く八方除の守護神で、
今年の初詣に行く予定でしたが、
天気や仕事の都合で行きそびれていて、
やっと行くことができました(汗)

神馬舎の前には、見ごろには少し早い桜があります。

samukawa108s_DSC05554.JPG

境内の外側を歩くと、見ごろの桜があって、
花見をしながら散歩します。

samukawa109s_DSC05558.JPG

寒川神社での散歩のあと、表参道を歩いて、
JR相模線の寒川駅方面へ向かいます。

samukawa110s_DSC05565.JPG

表参道を10分ほど歩いて、JR相模線の踏切を渡ります。

samukawa111s_DSC05568.JPG

この踏切を渡るとすぐにある、一之宮緑道を歩きます。

samukawa112s_DSC05575.JPG

5分ほど歩くと、鉄道車両の車輪と線路がありますが、
この一之宮緑道は、1984年に廃止された、
旧国鉄相模線の支線(寒川駅-西寒川駅)の跡地で、
この廃線跡を歩くのも、今回の目的です。

samukawa113s_DSC05578.JPG

歩いている途中、一之宮公園がありますが、
公園の周りには沢山の桜があって、
満開になったときに見てみたいですね。

samukawa114s_DSC05589.JPG

ここで少し、花見です。

samukawa115s_DSC05587.JPG

一之宮公園の先には、再び鉄道車両の車輪があります。

samukawa116s_DSC05592.JPG

一之宮緑道を歩いていくと、
旧国鉄相模線の西寒川駅があった跡地の、
八角公園があります。

samukawa117s_DSC05593.JPG

旧国鉄西寒川駅、相模海軍工廠跡の記念碑が、
一之宮緑道(旧国鉄相模線支線)の終着地点になります。

samukawa118s_DSC05598.JPG

旧国鉄相模線の支線跡地を利用した、
約900mの一之宮緑道ですが、
歩けて良かったし、また桜が満開の時期に行きたいですね。

八角公園から歩いて25分ほどの寒川駅から、
JR相模線へ乗車します。

samukawa119s_DSC05609.JPG

茅ヶ崎駅からJR東海道本線で、小田原駅まで行って、
小田原城の桜でも見物しようと思いましたが、
この日歩いたのは、鎌倉と寒川で約23km、約2万9千歩、
疲れと、まだ5分咲きの情報だったので、
小田急ロマンスカーで帰宅することにしました(汗)

samukawa120s_DSC05620.JPG

小田原駅13:52発車の特急「はこね18号」
ロマンスカーEXEα(30000形)に乗車して、
遅めのお昼でかなりの空腹なので、
量が多めの「箱根大名弁当」で呑み鉄です(酔)

samukawa121s_DSC03578.JPG

「箱根大名弁当」は二段になっていて、
鶏竜田揚げ、煮物、そぼろ煮、鮭塩焼、エビフライ、焼売、
ホタテ煮付け、伊達巻、蒲鉾、わさび煮 などなど、
地元小田原の名産物もあって、
このおかずの種類と量で1,100円で、コスパが高いです!
(女性やお子様連れでシェアしても充分な量です)

おかずはそれぞれ美味しいのですが、
大きな鶏竜田揚げは、表面はカリカリ、鶏肉はしっとりして、
今まで食べた駅弁のおかずの中でも、絶品でした(旨)

そして、なぜか売っていた徳島県の地酒の
鳴門鯛「生貯蔵酒 吟醸生」ですが、おちょこ付きで、
口あたりはまろやか、すっきりした甘辛といった感じでしょうか、
お弁当と一緒にオススメのお酒です。

samukawa122s_DSC03581.JPG

今回は鎌倉・寒川の花見散歩でしたが、
曇の天気と、桜の満開には早かったのは、
ちょっと残念でしたが、沢山歩いて、
それなりに見ごろの桜も見れて、
美味しいものも食べれて満足です。

また来年、桜満開の時期を狙ってみます[わーい(嬉しい顔)]


nice!(83)  コメント(6) 

鎌倉花見散歩2019年 その3:長谷寺編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

鎌倉の大仏様(鎌倉大仏殿高徳院)での花見のあとは、
徒歩7~8分のところにある、長谷寺へ向かいました。

kamakura301s_DSC05435.JPG

外から見ると、桜は見ごろまではまだまだな感じですが、
拝観します。

kamakura302s_DSC05437.JPG

山門を入ると、庭園が綺麗です。

kamakura303s_DSC05440.JPG

庭園の先には、弁天窟があります。

kamakura304s_DSC05443.JPG

中へ入ると、
窟内壁面に弁財天十六童子が彫られてます。

kamakura305s_DSC05448.JPG

奥へ進むと、天井が低くなって姿勢を低くして歩くので、
混み合っているときは、なかなか進まなくて辛いです(汗)

kamakura306s_DSC05451.JPG

弁天窟を出ると、近くには大黒堂があります。

kamakura307s_DSC05488.JPG

ここには「さわり大黒天」があって、
さわるとご利益があるそうです。

kamakura308s_DSC05487.JPG

庭園を渡って、階段を登ります。

kamakura309s_DSC05442.JPG

階段を登る途中に、地蔵堂があります。

kamakura310s_DSC05455.JPG

階段を登りきると、観音堂に到着します。

kamakura311s_DSC05457.JPG

5分咲きぐらいでしょうか、
桜を眺めながら散歩します。

kamakura312s_DSC05462.JPG

奥へ進むと、経蔵があります。

kamakura313s_DSC05472.JPG

経蔵の中を覗いてみると「輪蔵(りんぞう)」があって、
腕木を押して一回転させると、
一切経をすべて読んだのと同じ功徳が得られるそうです。

kamakura314s_DSC05468.JPG

輪蔵」を回せるのは、毎月18日などに限定されてます。

更に奥へ進むと、眺望散策路があります。

kamakura315s_DSC05474.JPG

階段を登っていきます。

kamakura316s_DSC05477.JPG

眺望散策路から由比ガ浜周辺を見下ろします。

kamakura317s_DSC05479.JPG

いい景色を楽しみながら散歩できます。

長谷寺での散歩のあとは、歩いて5分ほどの、
江ノ電(江ノ島電鉄)長谷駅へ向かいます。

kamakura318s_DSC05492.JPG

10:20頃ですが、もうかなり電車は混雑してますので、
乗車してからは写真はありません(汗)

kamakura319s_DSC05502.JPG

歩き疲れたし、混雑を避けたいので、
鎌倉での花見はこれで切り上げて、
藤沢駅へ向かいます(逃)

この日(3月30日)は、天気は曇りで、
桜の満開にはまだ早かったですが、
ハイキングコースや源氏山大仏様長谷寺と、
充実した花見散歩を楽しめました。

来年は、うまく時期を合わせて、
桜満開の鎌倉を歩きたいです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(80)  コメント(4) 

鎌倉花見散歩2019年 その2:大仏編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

源氏山公園で花見をしたあとは、少し山を下って、
銭洗弁財天宇賀福神社に寄ります。

kamakura201s_DSC05367.JPG

入口は岩肌のトンネルになってます。

kamakura202s_DSC05371.JPG

トンネルを抜けると・・・
桜はまだまだ咲き始めの感じでした。
(この日は3月30日)

kamakura203s_DSC05384.JPG

見ごろの桜もあったので、境内を少し歩きます。

kamakura204s_DSC05376.JPG

本宮の隣の岩山に、洞窟があります。

kamakura205s_DSC05381.JPG

洞窟の中にある奥宮には、
お金を洗うと開運するという
「銭洗水(ぜにあらいみず)」が湧いてます。

kamakura206s_DSC05378.JPG

再び急な坂道を登って、鎌倉の大仏様へ向かって、
ハイキングコースを歩きます。

kamakura207s_DSC05394.JPG

こちらのコースでは、
鎌倉の街と海を眺めることができます。

kamakura208s_DSC05387.JPG

見ごろの桜もあって、花見をしながら歩きます。

kamakura209s_DSC05385.JPG

源氏山公園から20分ほど歩いて、
整備された下り階段が続いてくると、
ハイキングコースの終点(始点)が間近です。

kamakura210s_DSC05395.JPG

階段を下りて、一般道へ出ます。

kamakura211s_DSC05397.JPG

ハイキングコースはここで終わって、
歩き疲れましたが、人も少なくて、花見もできて、
楽しい散歩でした。

一般道へ出てから、
歩いて12~13分(源氏山公園から45分ぐらい)で、
鎌倉の大仏様がある、鎌倉大仏殿高徳院に到着です。

kamakura212s_DSC05433.JPG

仁王門を入って、境内を拝観します。

桜はまだ3~5分咲きほどでしょうか。

kamakura213s_DSC05403.JPG

境内を進んで、大仏様に到着します。

kamakura214s_DSC05407.JPG

いつも混んでますね。日本人は少ないですが(汗)

大仏様の奥へ進みます。

kamakura215s_DSC05427.JPG

大仏様の背中側にある観月堂付近では、
見ごろの桜がありました!

kamakura216s_DSC05421.JPG

花見をしながら境内を散歩します。

kamakura217s_DSC05425.JPG

鎌倉の大仏様に到着したときには、
桜の見ごろにはまだまだだと思いましたが、
見ごろの桜もあって良かったです。

kamakura218s_DSC05430.JPG

人が多いので、早めに次の目的地へ移動します。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(91)  コメント(4) 

鎌倉花見散歩2019年 その1:源氏山公園編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

今年も桜(ソメイヨシノ)が咲き始める時期になって、
3週続けての週末、花見の旅を計画しました。

最初の計画は3月30日(土)で、
静岡県の伊豆方面へ行く予定で、
快速「伊豆クレイル」グリーン指定席券がとれてました。

天気予報では雨が降りそうでも決行するつもりでしたが、
前日までの情報を見ても、予定の行先では3分咲き以下で、
肝心の目的が・・・ということで、
前日に切符をキャンセルして計画を変更ました。
(これができるのが、えきねっとは便利ですね!)

3月30日(土)、
行先を神奈川県の鎌倉方面へ変更して、
JR横須賀線の北鎌倉駅で下車します。

kamakura101s_DSC05306.JPG

北鎌倉駅すぐ近くの円覚寺(えんがくじ)の前を通ります。

kamakura102s_DSC05309.JPG

5分咲きぐらいでしょうか、桜がありますね!

北鎌倉駅から歩いて7~8分ほど、
源氏山公園へのハイキングコースへ入ってすぐにある、
浄智寺(じょうちじ)に到着します。

kamakura103s_DSC05316.JPG

惣門 (高麗門)を入って参道を登って行くと、
鎌倉では珍しい中国式の鐘楼門があります。

kamakura104s_DSC05320.JPG

まだ朝の7:00過ぎ、拝観(9:00から)には早すぎるので、
外から桜を眺めます。

源氏山公園へのハイキングコースへ戻ると、
早咲きの桜が散り始めてます。

kamakura105s_DSC05323.JPG

浄智寺から5分ほど歩くと、
舗装されてなくて、木の根が這っている山道へ入ります。

kamakura106s_DSC05326.JPG

浄智寺から10分ほど(北鎌倉駅から20分ほど)歩くと、
浄智寺の住職も勤めていた、元(中国)の僧の
竺仙梵僊(じくせんぼんせん 1292-1348年)
が名付けたと言われている、
天柱峰(てんちゅうほう 標高97m)に到着します。

kamakura107s_DSC05329.JPG

道の脇にある小高い岩の上にある感じなので、
先を急いで足元に注意してると見逃すかも?です。

この先は岩を越えたり、更に歩き難くなります(汗)

kamakura108s_DSC05330.JPG

整備されている階段が見えてくると、
もうすぐ源氏山公園です。

kamakura109s_DSC05331.JPG

浄智寺から20分ほど(北鎌倉駅から30分ほど)歩くと、
葛原岡(くずはらおか)神社に到着します。

kamakura110s_DSC05338.JPG

ほぼ満開の桜を見物して、旅の無事に感謝します。

kamakura111s_DSC05334.JPG

ここからは、鎌倉の山々の眺めもいいですね。

kamakura112s_DSC05342.JPG

葛原岡神社から5分ほど歩くと源氏山公園に到着します。

kamakura113s_DSC05345.JPG

散ってきている早咲きの桜と、
まだ満開には早い桜ばかりですが、
所々に見ごろの桜もありました。

kamakura114s_DSC05347.JPG

源氏山公園の奥へ行く途中に、
鎌倉七切通しのひとつの化粧坂(けわいざか)があります。

kamakura115s_DSC05348.JPG

まだ7:45ぐらいで人も居ないので、少し下りてみましたが、
下から見上げると、急な岩ばかりで険しさがわかります(汗)

kamakura116s_DSC05365.JPG

数分歩くと源頼朝像の広場へ到着しますが、
見ごろの桜は少ないです。

kamakura117s_DSC05349.JPG

1965年、源頼朝が鎌倉入りをしてから800年の記念につくられた、
源頼朝像です。

kamakura118s_DSC05351.JPG

少ない見ごろの桜ですが、
ほぼ人が居ないので、ゆっくりと静かに楽しめます。

kamakura119s_DSC05354.JPG

更に奥へ進むと、
見ごろの桜も多くなってきました!

kamakura120s_DSC05355.JPG

ここで、北鎌倉駅までの途中の大船駅で買った、
大船軒の「伝承 鯵の押寿し」と、
自宅から持参した大七「生もと梅酒スパークリング」
で乾杯です(酔)

kamakura121s_DSC05364.JPG

「伝承 鯵の押寿し」は、
まろやかで柔らかい鯵の旨みがお酒と合って、
生臭さもなく、鯵のトロ的な美味しさです。

「生もと梅酒スパークリング」は、
さっぱりとした梅の甘さと酸味がちょうどよくて、
爽やかな呑み心地です。

なぜ梅酒かというと・・・
2月、3月は梅の花でも花見する予定でしたが、
仕事や天気の事情で行けなかったので、
梅酒で桜を楽しもうと思って持参しました(汗)

kamakura122s_DSC05358.JPG

しばらく花見を楽しんでから、更に歩きます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(86)  コメント(8) 

京急創立120周年 [旅・散歩-関東(神奈川)]

皆様、お盆休み、夏休みは如何お過ごしでしょうか。

本ブログは前記事からの更新から、
かなり空いてしまいましたが、
お盆休みで旅していたのではなく、
休みなどなく働いていて、バテていただけでした(汗)

実は、8月24日(金)~8月27日(月)は、
辛うじて夏休みの予定だったのですが、
仕事の都合で出勤になりました(黒)

悔しいので、今日8月24日(金)はお昼で退社して、
京急創立120周年ということで乗車してきました。

まず、品川駅で乗り換えて、
品川駅13:32発車の快特(快速特急)で、
京急蒲田駅13:40到着します。

keikyu101_DSC02930.JPG

一旦、改札を出ると、駅名が・・・

keikyu102_DSC02932.JPG

「京急かぁまたたたたーっ駅」になってます(笑)

北斗の拳35周年×京急120周年記念
というキャンペーンをやっていて、
無理やりな周年つながりですが、
駅名の看板が変わっているんですね(汗)

keikyu103_DSC03039.JPG

9月1日(土)発売の記念乗車券「北斗の券」は、
かなり欲しいですね(笑)

次は、京急蒲田駅13:54発車の快特に乗車して、
上大岡駅14:15到着、下車します。

keikyu104_DSC02943.JPG

上大岡駅も、結構無理がありますが、
駅名看板が「上ラオウ岡駅」になってます(笑)

keikyu105_DSC02959.JPG

上大岡駅では、京急百貨店で買い物をしてから、
上大岡駅14:35発車の快特に乗車して、
横須賀中央駅で各駅停車へ乗り換えて、
県立大学駅15:00到着、下車します。

keikyu106_DSC02967.JPG

県立大学駅は小さな駅ですが・・・

keikyu107_DSC02970.JPG

駅名看板は「北斗の拳立大学駅」です(笑)

keikyu108_DSC02975.JPG

このキャンペーンですが、
提案する社員も、承認する幹部も、素晴らしいですね!

「やるじゃない」(アイン)

このあと、県立大学駅から汐入駅へ移動します。

keikyu109_DSC02981.JPG

汐入駅から、港へ向かって歩きます。

keikyu110_DSC02983.JPG

5分ほど歩くと、ヴェルニー公園に到着します。

keikyu111_DSC02988.JPG

港を眺めると、目の前に潜水艦が?

keikyu112_DSC02989.JPG

ここからは海上自衛隊横須賀基地が見えます。

keikyu113_DSC02999.JPG

公園を歩いていると、大きな物体が見えてきます。

keikyu114_DSC03001.JPG

これは、旧日本海軍の戦艦「陸奥」の主砲で、
ここに展示されてます。

keikyu115_DSC03005.JPG

ヴェルニー公園を歩いていくと、
JR横須賀線の横須賀駅の駅前に出ます。

keikyu116_DSC03014.JPG

横須賀駅から、16:10始発の電車で帰路になります。

keikyu117_DSC03018.JPG

車内は空いてましたが、グリーン車へ乗車します。

keikyu118_DSC03028.JPG

お昼も食べてなかったので、グリーン車でゆったりと、
上大岡駅の京急百貨店で買った、
写真上「ひでぶ」まん(旨辛肉まん)と
写真下「あべし」揚げ(炎の唐揚げ・一味唐揚げ・黒七味唐揚げ)
で呑み鉄です(酔)

keikyu119_DSC03034.JPG

「あべし」揚げは、かなり辛いですが、
「ひでぶ」まんは、肉の旨味と辛さがちょうどいいです。
(3個入りしか売ってませんが、食べれなかったです・・・)

オリジナルカードももらえます!

keikyu120_DSC03036.JPG

そういえば、ずいぶん前に奮発して購入した、
「北斗の拳」25周年記念DVD-BOX ですが、
時間が無くてほとんど視れてないので、
連休がとれたら一気に視たいですね(夢)

keikyu121_DSC02286.JPG

今回の北斗の拳35周年×京急120周年記念キャンペーンですが、
京急以外では実現は難しい、面白いキャンペーンですね[わーい(嬉しい顔)]

nice!(93)  コメント(12) 

箱根登山電車散歩 その3:小田原城編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

大涌谷、強羅公園、塔ノ沢駅途中下車と散歩して、
箱根登山鉄道の箱根湯本駅から、小田原駅へ向かいます。

hakone301s_DSC00319.JPG

小田原といえば、やっぱり行くところは小田原城です。

小田原城へ向かって歩いていると、途中の紫陽花が見ごろです。

hakone302s_DSC00324.JPG

小田原駅から10分ほど歩いて本丸に到着します。

hakone303s_DSC00329.JPG

本丸で飼われている猿を見物します。

hakone304s_DSC00336.JPG

hakone305s_DSC00334.JPG

その昔は象(ウメ子)も飼われてましたが、
猿達も年老いていなくなってしまうのかな(寂)

本丸から常盤木門(ときわぎもん)を通って、
二の丸へ向かいます。

hakone306s_DSC00338.JPG

常盤木門の先へ進むと、
紫陽花と花菖蒲(はなしょうぶ)が満開です!
(当日の6月1日の状況です)

hakone307s_DSC00340.JPG

箱根では紫陽花の見ごろには早かったですが、
小田原城では、ちょうど見ごろで、
花菖蒲もきれいでした。

hakone308s_DSC00348.JPG

hakone309s_DSC00357.JPG

斜面一面に咲く紫陽花も、小田原城の見どころですね。

hakone310s_DSC00364.JPG

紫陽花と花菖蒲を眺めたあとは、城内を散歩します。

銅門(あかがねもん)です。

hakone311s_DSC00369.JPG

銅門から二の丸を出て、住吉橋を渡ります。

hakone312s_DSC00371.JPG

堀の周りを散歩します。

hakone313s_DSC00377.JPG

小田原城での散歩のあと、
小田原駅から再び、箱根湯本駅に戻りますが、
その理由は・・・
箱根湯本駅から小田急ロマンスカーに乗車したいからです(汗)

hakone314s_DSC00392.JPG

箱根湯本駅13:48発車の特急「はこね22号」へ乗車します。

hakone315s_DSC00397.JPG

この70000形:GSE(Graceful Super Express)は、
今年(2018年)3月より運行している新車なので、
真新しいシートと高い天井でゆったり乗車できます。

そしてもう一つ、箱根湯本駅から乗車した目的は、
「箱根登山鉄道創業130周年記念 特製記念弁当」
を買うためでした!

hakone316s_DSC00401.JPG

この「特製記念弁当」は1,300円と高めのお値段ですが、
牛めし、金目鯛塩焼き、鯵の寿司、海老、蒲鉾、メンチかつサンド
などなど、神奈川全部乗せの贅沢すぎる内容で、
味も量も満足なお弁当です!

日本酒「箱根街道」は淡麗辛口の吟醸酒ですが、
お弁当が塩味が多めなせいでしょうか、
ちょっと甘く感じましたが、呑みやすいお酒でした。

天気は曇っていて富士山は見えませんでしたが、
早めの時間なので車内は空席が多くて快適な呑み鉄です(酔)

hakone317s_DSC00411.JPG

相模大野駅14:48到着、ここで下車して買い物して帰宅します。

hakone318s_DSC00416.JPG

今回の箱根の旅ですが、
箱根ロープウェイの運休で予定変更になりましたが、
強羅公園や途中下車、小田原城での散歩と、
紫陽花も花菖蒲も楽しめて充実でした!

相模大野駅のホームで列車を待っていると、
50000形:VSE(Vault Super Express)が通過します。

hakone319s_DSC00428.JPG

そういえば、
ロマンスカー伝統の塗装と展望席、前面デザインと、
車両の連結部分に台車がある連接台車が特徴の
7000形:LSE(Luxury Super Express)が、
7月10日で定期運行が終わり、引退になります。

hakone320s_DSC09412.JPG

小田急沿線住民としては、
ラストランまで、もう一度乗車しておきたいですね[わーい(嬉しい顔)]


nice!(88)  コメント(4) 

箱根登山電車散歩 その2:予定変更編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

大涌谷で「黒たまご」を食べて満足して、
混む前に箱根ロープウェイで下ります。

hakone201s_DSC00200.JPG

実は、芦ノ湖まで行きたかったのですが、
大涌谷駅-桃源台駅間はメンテナンスで運休でしたので、
どこへ行くか考えながら移動します(汗)

hakone202s_DSC00202.JPG

箱根ロープウェイで大涌谷から山を越えて、
早雲山駅へ向かう途中、右前方の奥に相模湾が見えます。

hakone203s_DSC00206.JPG

早雲山駅で箱根登山ケーブルカーへ乗り換えます。

hakone204s_DSC00215.JPG

強羅駅までは行かないで、公園上駅で下車します。

hakone205s_DSC00222.JPG

トコトコきっぷ(箱根登山電車・箱根登山ケーブルカー1日乗車券)
では、箱根強羅公園が入園無料になるので、
芦ノ湖まで行けなかった分、寄ってみようと思います。

公園上駅の駅前にある箱根美術館から、更に奥へ進みます。

hakone206s_DSC00224.JPG

公園上駅から歩いて5分ほどで、箱根強羅公園の西門に到着です。

hakone207s_DSC00226.JPG

公園に入ると・・・花園です(驚)

hakone208s_DSC00228.JPG

バラが見ごろで、別世界ですね。

hakone209s_DSC00231.JPG

奥へ進んでいくと、箱根の山々をバックに噴水があります。

hakone210s_DSC00234.JPG

噴水近くには茶室がありますが、
その脇道からイベント館へ向かいます。

hakone211s_DSC00239.JPG

イベント館に入ると、紫陽花が満開です!

hakone212s_DSC00245.JPG

箱根では紫陽花にはまだ早かったと思いましたが、
ここでは温室で満開の紫陽花が見れました。

満開の紫陽花の道を歩きます。

hakone213s_DSC00247.JPG

イベント館の先にある熱帯植物館を抜けて、
箱根強羅公園の正門から出ます。

hakone214s_DSC00250.JPG

箱根強羅公園へは初めて立ち寄りましたが、
なかなか大きな規模の公園で、
桜の時期も見ごたえがありそうなので
来年の春に行ってみたいです。

箱根強羅公園の正門から10分ほど歩くと、
箱根登山鉄道の強羅駅に到着しますが、
踏切から駅を覗いてみると、レトロ電車が!

hakone215s_DSC00252.JPG

この電車:モハ2形は1927年から運行していて、
箱根登山鉄道では乗車しておきたい電車なので、
駅まで走って、なんとか乗車できました(汗)

強羅駅10:53発車、
レトロ電車に揺られ、モーター音を楽しみながら、
箱根湯本駅へ向かいます。

塔ノ沢駅11:26到着、
時間に余裕があるので途中下車してみます。

hakone216s_DSC00273.JPG

塔ノ沢駅の上りホーム(箱根湯本駅方面)には
深沢銭洗弁天があります。

hakone217s_DSC00295.JPG

前から気になってたので寄ってみます。

hakone218s_DSC00296.JPG

奥へ行くと、火伏観音があります。

hakone219s_DSC00293.JPG

さらに奥には、
弁財天様が祀られている奥宮がありますが、
途中、虫が飛んでたり、ぶら下がってたりで、
前へは進めませんでした(怖)

hakone220s_DSC00290.JPG

塔ノ沢駅のホームに戻って、
電車:2000形「サン・モリッツ号」へ乗車して、
箱根湯本駅へ向かいます。

hakone221s_DSC00302.JPG

箱根湯本駅で折り返してきた、
レトロ電車:モハ2形と行き違いになって、
塔ノ沢駅11:40発車します。

hakone222s_DSC00309.JPG

箱根ロープウェイのメンテナンスで、
芦ノ湖までは行けませんでしたが、
箱根強羅公園へ寄ってみたり、
塔ノ沢駅で途中下車する時間もあって、
いい機会でした。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(82)  コメント(8) 
前の10件 | - 旅・散歩-関東(神奈川) ブログトップ