SSブログ
前の5件 | -

桜を追って秋田の旅2022年 その1:秋田内陸縦貫鉄道編  [旅・散歩-東北(北東北)]

佐賀、JR磐越西線沿線と続いて、
今年(2022年)の桜を追いかける旅は、
秋田が最後になります。

出発は4/22(金)、
東京駅7:32発車のJR東北・秋田新幹線
「こまち213号」です。

akita101s_DSC03335.JPG

JR東北新幹線は、
3月16日の地震の影響で、
福島駅-仙台駅間が運転見合わせとなり、
4月14日から全線運転再開となって、
臨時ダイヤで運転されました。

今回は、角館駅まで乗車しますが、
臨時ダイヤのため、
通常運転では約3時間の所要時間が、
約4時間かかるので、
グリーン席を利用します。

akita102s_DSC03350.JPG

早速ですが、
「平泉うにぎり弁当」(税込980円)で、
朝ごはんを兼ねて呑み鉄開始です(酔)

akita103s_DSC08199.JPG

「平泉うにぎり弁当」は、
4月10日「駅弁の日」に合わせて、
(2022年)5月ごろまで、
駅弁を販売している各社から発売された、
「おにぎり駅弁」のひとつです。

「平泉うにごはん」をおにぎりにして、
鶏の照り焼きやキノコのソテーなど、
おかずも充実して美味しいお弁当でした!

盛岡駅10:35到着、
「こまち213号」「はやぶさ213号」の、
切り離しがあります。

akita104s_DSC08202.JPG

通常運転なら5分前後の停車時間ですが、
臨時ダイヤのため22分も停車するので、
ホーム下の売店へ行くしかありません(笑)

akita105s_DSC03363.JPG

目的はお酒と駅弁ですが、
こちらはお昼前だと沢山の種類の、
東北の駅弁が売っているので、
狙ってました!

akita106s_DSC_0725 3.JPG

じっくり駅弁を選んでも時間はあるので、
駅のホームで新幹線を見物します。

akita107s_DSC03359.JPG

駅弁は、
以前、八戸駅で買って絶品だった、
個人的には東北の駅弁ベスト3に入る、
「青森のぜいたく弁当」(税込1,450円)
が売っていて大収穫でした!

akita108s_DSC08205.JPG

新幹線では食べません(汗)

角館駅11:41到着、ここで下車します。

akita109s_DSC03387.JPG

7両編成の「こまち」は、
グリーン車は東京駅側の先頭車で、
角館駅の跨線橋は秋田駅側の端なので、
移動が大変です(汗)

当初の計画では「こまち1号」で、
東京駅6:32発車、角館駅9:35到着して、
角館で1時間半ほど街を歩く予定でしたが、
臨時ダイヤで約2時間遅れの到着なので、
乗換のみになります。

akita110s_DSC03391.JPG

JRの駅舎のすぐ隣にある、
秋田内陸縦貫鉄道の改札へ向かいます。

akita111s_DSC03394.JPG

秋田内陸縦貫鉄道は、
旧国鉄の角館線・阿仁合線を引き継いだ、
第三セクターの鉄道です。

akita112s_DSC03396.JPG

阿仁合駅行の列車に乗車します。

akita113s_DSC03402.JPG

akita114s_DSC03408.JPG

乗換時間は少なかったですが、
ボックス席を確保できました。

akita115s_DSC03411.JPG

テーブルに描かれた路線図がかわいいです。

akita116s_DSC03414.JPG

秋田犬の写真にも癒されますね。

akita117s_DSC03438.JPG

角館駅11:50発車、
流れる田園風景を眺めながら、
「青森のぜいたく弁当」で
呑み鉄開始です(酔)

akita118s_DSC03418.JPG

akita119s_DSC03434.JPG

「青森のぜいたく弁当」は、

・八戸前沖鯖のにぎり
   田子産にんにくみそ2貫
   特製ピリ辛ダレ2貫
・海峡サーモンのにぎり
   クリームチーズとオニオン2貫
   マヨネーズと茎わさび2貫
・八戸前沖鯖竜田揚げ
・青森さん鶏唐揚げ
・八戸前沖鯖三沢産ごぼう入り昆布巻
・三沢産ごぼう漬け

と、贅沢で新鮮で美味しい内容で、
量的にも大満足な駅弁です!

美味しさの拘りでしょうか、
東京や各地デパートのイベントなどでは、
見かけることがないですが、
売っていたら食べてほしい駅弁です。


車内の方は、
一人旅と思われる紳士淑女で静かでしたので、
音鉄もできました(笑)

(上桧木内駅発車から1分ほどの録音です)


 


比立内駅12:53到着、
かつては旧国鉄阿仁合線の終着駅で、
その遺構もあって、
当初の計画では途中下車する予定でした。

akita121s_DSC03469.JPG

笑内(おかしない)駅13:01発車すると、
大又川橋梁を渡ります。

akita122s_DSC03485.JPG

徐行運転のサービスも嬉しいですね。

akita123s_DSC03487.JPG

この列車の終点、阿仁合駅13:14到着、
臨時ダイヤのJR東北・秋田新幹線
臨時ダイヤだからこそ出逢えた駅弁と、
秋田内陸縦貫鉄道を楽しめました!

akita124s_DSC03500.JPG

このあとは、阿仁合駅と桜を見物します。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

桜を追って磐越西線の旅2022年 その10:帰路編 [旅・散歩-北陸]

旅の3日目最終日(4月17日)、
JR信越本線で新潟駅から新津駅へ、
JR磐越西線で五十島駅へ行って、
早めの帰路になります。

五十島(いがしま)駅では、
平等寺薬師堂将軍杉
満開の桜を見物したあと、
五十島橋を渡って駅へ戻ります。

banetsuA01s_DSC03195.JPG

雨の翌日なので水は濁ってますが、
阿賀野川を眺めながら歩きます。

banetsuA02s_DSC03208.JPG

時間に余裕があるので、
五十島駅の裏手に向かう細道を
歩いてみます。

banetsuA03s_DSC03211.JPG

阿賀野川の川原に行けるみたいです。

banetsuA04s_DSC03214.JPG

川原に到着して、
阿賀野川と五十島橋を眺めます。

banetsuA05s_DSC03219.JPG

日本酒「麒麟山 伝統辛口」で、
ひと休みします(酔)

banetsuA06s_DSC03218.JPG

五十島駅からは14:33発車の、
津川駅行の列車に乗車します。

banetsuA07s_DSC03232.JPG

阿賀野川の風景が続きます。

banetsuA08s_DSC03242.JPG

終点の津川駅14:48到着、
この列車は折り返して、
新潟駅行となるので、
一旦逆方向ですが乗車しました。
(「えちごワンデーパス」を利用)

banetsuA09s_DSC03251.JPG

津川駅で、
この旅最後の桜の見物です。

banetsuA10s_DSC03261.JPG

発車まで10分以上あるので、
新型のGV-E400系気動車を見物します。

banetsuA11s_DSC03248.JPG

連結面も気になりますが、
鉄道模型(Nゲージ)もやっていると、
連結器も気になります(笑)

banetsuA12s_DSC03246.JPG

真新しい車内を見物します。

banetsuA13s_DSC03245.JPG

窓は、昔ながらの二段式に見えますが、
上側が内側へ倒れて開くタイプです。

banetsuA14s_DSC03238.JPG

運転席側には、
液晶モニターが2面あって、
情報が見やすくなってます。

banetsuA15s_DSC03264.JPG

津川駅15:00発車、
「麒麟山 伝統辛口」で
呑み鉄開始です(酔)

banetsuA16s_DSC_0694 4.JPG

終点の新潟駅16:18到着、
新潟駅で唯一残されていた、
この地上ホームは、
高架ホームへ切り替わって、
(2022年)6月5日で廃止されたので、
このときが見納めとなりました。

banetsuA17s_DSC03270.JPG

早めに新潟駅へ来たのは、
どこかお店で食事をするのが目的です。

banetsuA18s_DSC03285.JPG

16:30ごろなら空いてると思いましたが、
前日に続いて女子が多くて、
飲食店やお土産店には、
15~30人の行列が出来てました(汗)

並んでから食べている時間はないので、
駅弁の行列に並んで駅弁を買います。
(駅弁でも20人ぐらい行列でした・・・)

調べたり、Twitterで聞いてみたら、
某国民的アイドルグループのイベントが、
この土曜日曜であったので、
女子が多かったようです(汗)

新潟駅からは17:21発車の、
JR上越新幹線「とき338号」へ乗車します。

banetsuA19s_DSC03289.JPG

「新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司」
(税込\1,280円)で呑み鉄開始です(酔)

banetsuA20s_DSC03297.JPG

「新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司」
は、
いくら醤油漬け、味付け蒸しうに、
本ズワイ蟹のむき身、海老甘酢漬け、
味付けたらこ、鮭ほぐし、
にしん甘酢漬け、とろろ昆布 など、
海の幸が詰まっていて、
日本酒にも合って美味しくいただけます。

お酒は新潟駅の「ぽんしゅ館」で
買いたかったのですが、
レジが女子の大行列なので諦めて、
買っておいた残りの1本の
「吟田川(ちびたがわ)」をいただきます。

東京駅19:36到着、
JR中央本線で新宿駅へ移動して、
小田急ロマンスカーで帰路となります。

banetsuA21s_DSC03312.JPG

いつもより早い時間の帰りなので、
デパ地下のスパゲティカルボナーラを
いただきます。

banetsuA22s_DSC08198.JPG

旅の帰りは、
何故か麺類が食べたくなります(笑)

デパ地下の営業時間だと、
買物ができるのがいいですね。


今回の花見の旅は、
(2022年)3月16日の地震の影響で、
JR東北新幹線臨時ダイヤとなって、
新潟経由、1泊から2泊へ変更しましたが、
じっくりと時間をかけて、
会津若松や津川、五十島の桜や風景、
お酒や美味しいもの、
そして列車を楽しめました。

イベントと重なってしまいましたが、
新潟駅を拠点に宿泊すると、
お酒や食事にも便利で面白くて、
会津方面も含めて移動も便利なので、
また新潟駅中心の旅を計画したいです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(80)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

桜を追って磐越西線の旅2022年 その9:五十島駅編 [旅・散歩-北陸]

旅の3日目最終日(4月17日)は、
「えちごワンデーパス」(1,570円)
を利用して、
JR信越本線で新潟駅から新津駅へ、
新津駅で途中下車したあと、
JR磐越西線の列車へ乗車します。

新津駅11:34発車した列車は、
五十島(いがしま)駅12:15到着、
ここで下車します。

banetsu901s_DSC03056.JPG

ここが、JR磐越西線の車窓から、
気になっていた駅です。

山間にあるいい感じの駅ですね。

banetsu902s_DSC03063.JPG

駅舎は無く、跨線橋が入口になります。

banetsu903s_DSC03223.JPG

会津若松駅方面へ向かって、
線路沿いに4分ほど歩くと踏切があります。

banetsu904s_DSC03078.JPG

快速「SLばんえつ物語」
通過を見てみたい、いい感じの直線ですね。

踏切を渡って3分ほど歩くと、
五十島駅の裏側へ出ます。

banetsu905s_DSC03089.JPG

かなり遠回りですね(汗)

先へ進むと、阿賀野川にかかる、
約440mの五十島橋があります。

banetsu906s_DSC03091.JPG

五十島橋から、阿賀野川が絶景です!

banetsu907s_DSC03098.JPG

五十島橋を渡った突き当りは、
国道49号が通ってますが、
左側にはちょっとした桜並木があります。

banetsu908s_DSC03103.JPG

右側へ行くと、
桜並木と大きな駐車場があります。

banetsu909s_DSC03193.JPG

ここは「道の駅 みかわ」です。

banetsu910s_DSC03112.JPG

調べてみると、駐車場のすぐ隣にある、
「長四郎」というお店が評判が良く、
入ってみたかったですが、
臨時休業でした(汗)

banetsu911s_DSC03191.JPG

個人的には、
蕎麦と唐揚げ(カレー味)が、
食べたかったです。

「道の駅 みかわ」の駐車場には、
「日本一の巨木」の案内があって、
もちろん行ってみます(300m先)。

banetsu912s_DSC03110.JPG

坂道(舗装された道路)を登りながら、
渡ってきた五十島橋を眺めます。

banetsu913s_DSC03173.JPG

普通の住宅地へ入っていきます。

banetsu914s_DSC03172.JPG

その先には、平等寺があります。

banetsu915s_DSC03119.JPG

桜もいい感じで、石段もいい感じですね、
登って行きます。

banetsu916s_DSC03123.JPG

石段を登り切ったところには、
薬師堂があります。

banetsu917s_DSC03163.JPG

平等寺薬師堂は、
永正14年(1517年)に建てられて、
国の重要文化財に指定されてます。

貴重な建物なのに、
中に入れるのが素晴らしいです。

banetsu918s_DSC03130.JPG

ここにこんな建物があるなんて、
全く知りませんでした。

そして、
その近くの森林を入っていきます。

banetsu919s_DSC03141.JPG

少し歩くと、
日本一の大きさという杉の巨木、
将軍杉があります。

banetsu920s_DSC03143.JPG

樹齢1400年、樹高40m、幹周り19.31m
の巨大な杉の木で、
国の重要文化財に指定されてます。

banetsu921s_DSC08190.JPG

神秘的な雰囲気があります。

平等寺薬師堂将軍杉など、
見物してから、
「道の駅 みかわ」へ戻ります。

banetsu922s_DSC03114.JPG

ここで桜と山々を眺めながら、
一杯いただきます(酔)

banetsu923s_DSC03189.JPG

JR磐越西線の車窓から、
五十島橋満開の桜が少しだけ見えて、
気になって降りてみた五十島駅は、
見どころが多くて大収穫でした!

banetsu924s_DSC03183.JPG

このあとは、帰路になります。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(83)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

桜を追って磐越西線の旅2022年 その8:再び新津駅編 [旅・散歩-北陸]

旅の3日目最終日(4月17日)は、
朝はホテルでゆっくりしてから、
「えちごワンデーパス」(1,570円)を
新潟駅の窓口で購入して、
新潟駅9:19発車の新津駅行、
JR信越本線の列車へ乗車します。

banetsu801s_DSC02930.JPG

この列車は新潟駅から新津駅まで、
電化区間を走りますが、
キハ110系気動車での運転なので、
狙って乗車しました。

乗車する時間は20分ほど、
転車台がある車両基地が見えると、
終点の新津駅9:40到着します。

banetsu802s_DSC02932.JPG

新津駅では、
快速「SLばんえつ物語」が入線してます。

banetsu803s_DSC02937.JPG

C57形蒸気機関車を見物します。

banetsu804s_DSC02952.JPG

「SLばんえつ物語」には乗車しないので、
見物はほどほどに改札を出ます。

banetsu805s_DSC02992.JPG

新津駅前の通りを歩きます。

banetsu806s_DSC02962.JPG

途中には、
天井にパンタグラフが付いた、
電話ボックスがあります。

banetsu807s_DSC03009.JPG

新津の街には、
鉄道関連のものがあって面白いですね。

5分ほど歩くと、
JR磐越西線沿いの歩道があります。

banetsu808s_DSC02971.JPG

ここから、新津駅10:03発車した、
「SLばんえつ物語」を見物します。

banetsu809s_DSC02970.JPG

一瞬でしたが、
走るSL列車の迫力はたまらないですね。

新津駅へ戻ろうと歩いていると、
貨物列車も通過します。

banetsu810s_DSC02972.JPG

banetsu811s_DSC02985.JPG

この通りはいろんな列車も見れて、
保守車両も間近に見れます。

banetsu812s_DSC03014.JPG

新津駅へ戻って、
駅舎にある観光案内所「あ!キハ」
に立ち寄ってみます。

banetsu813s_DSC03004.JPG

「あ!キハ」は観光案内だけでなく、
鉄道模型の運転も体験できます。

banetsu814s_DSC03002.JPG

115系電車の座席もあります。

banetsu815s_DSC03003.JPG

その他にも鉄道資料や写真など、
展示物があって興味深いです。

次は、この旅の1日目にも訪れた、
駅前にある神尾弁当さんへ、
立ち寄ります。

banetsu816s_DSC03016.JPG

もちろん、
注文してからつくっていただく、
駅弁を購入します。

banetsu817s_DSC03018.JPG

再び新津駅のホームへ行って、
車両基地を見物します。

banetsu818s_DSC02941.JPG

「SLばんえつ物語」が発車して、
混雑していた駅が静まると、
整備の一環でしょうか、
110系気動車GV-E400系気動車
DE10形ディーゼル機関車など、
行ったり来たりしているので、
眺めていると面白いです。

banetsu819s_DSC03029.JPG

新津駅からは11:34発車の、
JR磐越西線の列車に乗車します。

banetsu820s_DSC03040.JPG

2人用ボックスシートに座ります。

banetsu821s_DSC03034.JPG

早速、神尾弁当さんで買った駅弁、
「海老づくし」で呑み鉄開始です(酔)

banetsu822s_DSC08185.JPG

「海老づくし」(税込1,180円)は、
出汁が染みた「赤海老煮」、
ふっくらとした「海老しんじょ」、
香ばしい「えびの刻み煮」と、
海老がたっぷり入って、
上品な味付けで美味しいお弁当です。

呑み鉄を楽しみながら、
車窓は阿賀野川の風景に変わります。

banetsu823s_DSC03048.JPG

このあとは、
JR磐越西線から見える風景から、
気になっていた駅で下車してみます。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(79)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

桜を追って磐越西線の旅2022年 その7:SLばんえつ物語 後編 [旅・散歩-東北(南東北)]

旅の2日目(4月16日)は新潟駅から、
JR信越本線JR磐越西線の、
一番列車で会津若松駅へ移動して、
鶴ヶ城の桜、石部桜など、
花見散歩と日本酒を楽しんで、
会津若松駅から新潟駅へ戻ります。

会津若松駅で、JR磐越西線を走る、
快速「SLばんえつ物語」
機回し風景を見物したあと、
15:10過ぎに入線します。

banetsu701s_DSC02739.JPG

切符(乗車券)の都合上、
一旦、改札を出て入り直して、
7号車(客車7両編成)の
グリーン車へ乗車します。

banetsu702s_DSC02752.JPG

大人気のグリーン席は、
コロナ禍でもなかなかとれないので、
今回は運がよかったです。

1列+2列の座席配置ですが、
指定された1列(ぼっち席)へ座ります。

banetsu703s_DSC02749.JPG

「SLばんえつ物語」は、
会津若松駅15:27発車、
早速、「海苔のり弁887」で、
遅すぎた昼食と呑み鉄開始です(酔)

banetsu704s_DSC_0593 4.JPG

「海苔のり弁887」(税込1,200円)は、
郡山産最高級米「ASAKAMAI 887」
を使用している駅弁で、
郡山駅の「海苔のりべん」の高級版です。

「ASAKAMAI 887」は、
郡山産のコシヒカリ「あさか舞」の、
最高級ブランド米で、
「88の手間と厳格な7つの基準」から、
生産されたそうです。

「8つの徳と3つの原理」みたいですね(笑)

「海苔のりべん」と比較すると、
松川浦のあおさ入の
海苔の天ぷら、だし巻き玉子、
福島県産牛肉煮など、
おかずがアップデートされてます。

個人的には、のり弁の海苔が、
2層から1層に減ったのは残念ですが、
贅沢で充分に美味しい駅弁です。

末廣酒造で買った「Dr.野口カップ」は、
キレもよくなめらかな呑み口で、
美味しくいただきました!

お腹も満たされたところで、
グリーン車専用の展望室へ行ってみます。

banetsu705s_DSC02771.JPG

客車を牽引するC57形蒸気機関車が、
すぐ前に見えるのがいいですね。

展望室には、
「SLばんえつ物語」に関する展示もあります。

banetsu706s_DSC02767.JPG

喜多方駅15:51発車して16:05ごろ、
撮影スポットの一ノ戸川橋梁を渡ります。

banetsu707s_DSC02789.JPG

野沢駅16:27到着、
ここでは10分ほど停車して、
C57形蒸気機関車のメンテがあります。

banetsu708s_DSC02811.JPG

桜も美しいですね。

banetsu709s_DSC02808.JPG

C57形蒸気機関車には、
沢山の人が集まってます(汗)

banetsu710s_DSC02817.JPG

野沢駅16:37発車すると、
阿賀川から阿賀野川の風景に変わります。

banetsu711s_DSC02842.JPG

阿賀野川を眺めながら、
お菓子屋さん「太郎庵」で買っておいた、
「いのちの団子」をいただきます。

banetsu712s_DSC_0604 4.JPG

「いのちの団子」は、
みたらし、ぬた、くるみ
の3種類の団子で、
甘さ控えめで素材の美味しさや、
団子の風味を感じます。

末廣酒造で買った「吟醸末廣」は、
上品な吟醸香と、キレのある辛口で、
和菓子と良く合います(酔)

ほろ酔いで展望室へ行ってみると、
C57形蒸気機関車の真後ろで、
鼓動・呼吸が伝わってきます。

banetsu713s_DSC02864.JPG

津川駅17:21到着、ここでも、
C57形蒸気機関車のメンテのため、
15分の停車時間があります。

banetsu714s_DSC02871.JPG

駅舎側から客車を眺めます。

banetsu715s_DSC02874.JPG

C57形蒸気機関車を眺めてみると、
ヘッドマークが無くて、
夕陽が反射する姿に、
しみじみと歴史を感じます。

banetsu716s_DSC02883.JPG

昭和21年(1946年)から75年以上、
長い間お疲れ様です。

banetsu717s_DSC02892.JPG

このC57形蒸気機関車180号機は、
2022年秋から定期検査になります。

故障も目立ってきて、
脱炭素で世界では石炭が悪者になって、
この先は見えませんが、
まだまだ頑張って欲しいですね。

津川駅17:36発車、
5号車の売店で売っている、
「鮭の焼き漬け」とビール、
カタイバニラアイスクリームで、
呑み鉄はまだまだ継続します(酔)
(人が多いので車内の写真はありません)

banetsu718s_DSC_0610 4.JPG

「鮭の焼き漬け」は、
「SLばんえつ物語」では必ず食べたい、
美味しい逸品です。

終点の新津駅18:43到着、
夜汽車の雰囲気です。

banetsu719s_DSC02912.JPG

グリーン車の明かりが美しいです。

banetsu720s_DSC02918.JPG

客車を見物してから、
JR信越本線へ乗り換えて、
新津駅18:56発車の列車で、
新潟駅へ向かいます。

banetsu721s_DSC02922.JPG

「SLばんえつ物語」の旅は、
3時間16分でも短く感じて、
何度乗車しても楽しめます。

ヘッドマークのない、
C57形蒸気機関車の姿も見れて、
いつもと違った雰囲気もよかったです。

新潟駅では、ホテルに荷物を置いて、
街へ繰り出してみますが、
どのお店にも何故か女子がいっぱいで、
(理由は翌日にわかります)
入れない、または入りにくいので、
「ぽんしゅ館」で買物をして、
「鮭の焼き漬け」で部屋呑みします(酔)

banetsu722s_DSC08183.JPG

さて、翌日の計画を大幅に変更して、
花見に呑み鉄に満足の一日が終わります。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(81)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -