So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

バースデイきっぷで行く2019年四国の旅 その2:高松から徳島へ移動編 [旅・散歩-四国]

11月20日(水)、東京駅22:00発車の、
寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗車して、
翌朝に高松駅7:27到着したあとは、
駅のホームでしばらく列車を見て歩きます。

shikoku201s_DSC00390.JPG

高松駅では、
JR瀬戸大橋線を走る快速「マリンライナー」や、
JR予讃線・土讃線・高徳線の電車・気動車など、
沢山の種類の車両や列車を見ることができます。

JR四国8000系電車特急「いしづち」です。

shikoku202s_DSC00394.JPG

JR四国1500形気動車です。

shikoku203s_DSC00408.JPG

7:50ごろ、
回送する「サンライズ瀬戸」を見送ります。

shikoku204s_DSC00413.JPG

高松に到着した朝は、
朝うどん(讃岐うどん)したいですね!

駅のホームには「連絡船うどん」がありますが、
今回は、一旦改札を出ます。

shikoku205s_DSC00436.JPG

高松駅はスマイル駅舎です。

shikoku206s_DSC00419.JPG

高松駅の駅前にある、
「めりけんや」で朝うどんします。

shikoku207s_DSC00423.JPG

注文したのは「肉うどん」で、
肉もネギもたっぷりで430円、
嬉しい価格です!

shikoku208s_DSC04234.JPG

やさしい出汁に、
小麦のいい香りとコシのあるうどん、
柔らかくて、出汁と調和する甘味の肉が、
美味しい一杯でした。

朝うどんで満足したあと、
再び高松駅へ戻って、
JR高徳線を走る特急「うずしお5号」を待ちます。

shikoku209s_DSC00428.JPG

8:13ごろ入線した「うずしお5号」は、
2019年(平成31年)8月に運用を開始した、
新型のJR四国2700系気動車でした。

shikoku210s_DSC00431.JPG

指定席がある1号車へ乗車します。

shikoku211s_DSC00439.JPG

1号車の座席は、同じ車内に、
1~4番までが指定席、5番以降が自由席
に分けて配置されてます。

shikoku212s_DSC00460.JPG

指定席券で指定された、
1番A席(いちばんええ席(汗))に座ります。

shikoku213s_DSC00459.JPG

席の前方は、こんな感じです。

shikoku214s_DSC04236.JPG

この日は11月21日(木)、
平日の朝なので通勤の方が多いので、
呑み鉄は封印します(忍)

JR四国2700系気動車は振り子式の車両なので、
カーブでは、車体ががっつり傾きます。

shikoku215s_DSC00444.JPG

JR四国さん、
右肩上がりでよろしくお願いいたします。

9:30過ぎ、吉野川の鉄橋を渡ると、
間もなく、終着駅の徳島駅に到着します。

shikoku216s_DSC00454.JPG

徳島駅9:36到着、「うずしお5号」で、
新型のJR四国2700系気動車を体験できました!

shikoku217s_DSC00462.JPG

徳島駅には、車両基地が隣接してます。

shikoku218s_DSC00468.JPG

貴重になりつつある、
国鉄型のキハ185系気動車キハ40系気動車
を見ることができます。

しばらくの間、駅のホームから列車を見物します。

shikoku219s_DSC00471.JPG

徳島駅の改札を出て、徳島の街を歩きます。

shikoku220s_DSC00473.JPG

続く・・・[わーい(嬉しい顔)]


nice!(69)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

バースデイきっぷで行く2019年四国の旅 その1:サンライズ瀬戸編 [旅・散歩-四国]

今年も8月の夏休み(連休)は仕事の都合でとれず、
9月にシフトして半分使って、残りを11月に使って、
日程的に厳しくても無理をして、
JR四国「バースデイきっぷ」を使うつもりでした。

しかし!
今年は勤続5年毎にある休暇(5日間)があって、
11月19日(火)~11月26日(火)を連休にして、
かなり日程に余裕を確保することができました!

2017年11月から3年連続の
「バースデイきっぷ」を使っての四国の旅は、
出発は11月20日(水)、東京駅22:00発車の、
寝台特急「サンライズ瀬戸」から始まります。

当日は、21:15頃に東京駅へ到着して、
改札内にあるGRANSTA(グランスタ)で買物をしてから、
駅のホームで待機していると21:35頃に、
「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」が入線します。

shikoku101s_DSC00334.JPG

「サンライズ瀬戸」の7号車へ乗車します。

shikoku102s_DSC04161.JPG

乗車する瞬間は、いつもドキドキしますね(笑)

階段を上がって2階へ向かいます。

shikoku103s_DSC04163.JPG

指定の個室は、2階のB寝台個室シングルです。

shikoku104s_DSC04166.JPG

木のデザインで落ち着く室内です。

個室に入ると、
いつもの儀式のように室内の撮影です(笑)

テーブルや鏡、コンセントなどがある扉側です。

shikoku105s_DSC04183.JPG

車内設備の説明や、照明スイッチやアラーム、
NHK-FM放送などの操作パネルがある、
扉から入って奥側です。

shikoku106s_DSC04173.JPG

GRANSTAで、割引になっていた、
やきとりセットと唐揚げセットで呑み鉄です(酔)

shikoku107s_DSC04187.JPG

寝台個室は人目も気にせず快適ですね!

熱海駅23:21到着、こで乗務員の交代があって、
2分ほどの停車時間があります。

shikoku108s_DSC00349.JPG

熱海駅23:23発車すると、早めに就寝します。

目が覚めると4:30ごろで、
間もなく、大阪駅に運転停車します。

shikoku109s_DSC04194.JPG

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」には、
7度目の乗車になりますが、
先頭車の連結部分を通り抜けたことが無いので、
初めて行ってみます。

shikoku110s_DSC04198.JPG

狭い通路に、大きな走行音、ドキドキします(笑)

連結部分から、ミニラウンジへ向かって、
乗車している7号車と同じ、
B寝台個室シングルの6号車へ移ります。

shikoku111s_DSC04199.JPG

6号車は喫煙車となってます。

ノビノビ座席の5号車へ移ります。

shikoku112s_DSC04219.JPG

この日は、廃線や靴の散乱は無く整斉としてます。

A寝台個室シングルデラックスと、
B寝台個室サンライズツイン
4号車へ移ります。

shikoku113s_DSC04208.JPG

いつかは、A寝台個室シングルデラックスで、
豪華に旅をしてみたいですね。

そして、ミニラウンジがある、
B寝台個室ソロの3号車に到着します。

shikoku114s_DSC04211.JPG

この時間は人が居ないので、
ゆっくりとコーヒータイムを楽しみます。

shikoku115s_DSC04212.JPG

このあと、自分の個室へ戻って、
寝転がってくつろぎます。

shikoku116s_DSC04232.JPG

こんな棺桶もいいかな、
なんて考えてしまいますね(笑)

岡山駅6:27到着、ここで、
「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」
切り離しがありますが、
7号車は駅のホームの階段近くに停車になるので、
反対側のホームへ走ります(汗)

shikoku117s_DSC04221.JPG

反対側のホームからの見物は、
人混みが無くていいですね。

「サンライズ瀬戸」は切り離し作業が終わると、
岡山駅6:31発車します。

このあとに停車する児島駅6:53発車すると、
瀬戸大橋を渡ります。

shikoku118s_DSC00364.JPG

瀬戸内海での日の出(サンライズ)を眺めながら、
「サンライズ瀬戸」は四国へ上陸します。

shikoku119s_DSC00375.JPG

讃岐富士(飯野山)が見えてくると、
四国へ来た!って感じですね。

shikoku120s_DSC00379.JPG

坂出駅7:10発車して、
JR高松貨物ターミナル駅が見えると、
間もなく終着駅の高松駅です。

shikoku121s_DSC00382.JPG

高松駅7:27到着、約9時間半の、
「サンライズ瀬戸」の旅が終わります。

shikoku122s_DSC00405.JPG

寝台特急の非日常な個室の体験ができて、
何度乗車しても、楽しい旅ですね!

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」に使用されている、
285系電車は登場から20年以上経ってますが、
まだまだ、定期運行の寝台特急の文化は
続いてほしいですね!

このあと、高松駅から徳島駅へ移動します。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(79)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

まだ早い?みなかみ紅葉散歩 その5:帰りもSLぐんまみなかみ編 [旅・散歩-関東(北関東)]

諏訪峡遊歩道と、みなかみの街の散歩のあとは、
JR上越線を走る快速「SLぐんまみなかみ」
へ乗車して帰るので水上駅へ戻ります。

minakami501s_DSC00205.JPG

駅のホームで、青い12系客車を眺めていると、
14:50ごろ、客車とは反対側のホームを、
SL(蒸気機関車):C61 20号機が通過していきます。

minakami502s_DSC00213.JPG

SL:C61 は一旦、駅のホームを通過して停車します。

minakami503s_DSC00221.JPG

そのあと15:00ごろ、ゆっくりとバックして、
客車が停車しているホームへ入線します。

minakami504s_DSC00228.JPG

SL:C61と客車が連結します。

minakami505s_DSC00234.JPG

水上駅では見物客が高崎駅ほど多くないので、
大混雑もなく見物できます。
(高崎駅は乗車しない見物客が多いです)

昭和24年(1949年)から70年、長い間お疲れ様です。
これからも現役でいて欲しいですね。

minakami506s_DSC00242.JPG

客車の車内をゆっくり見物します。

minakami507s_DSC00219.JPG

指定席のボックス席へ座って、
水上駅15:20、「SLぐんまみなかみ」が発車します。

minakami508s_DSC00214.JPG

今回はタイミングが悪いのか、
ゆるキャラ「おいでちゃん」の姿は、
少ししか見れませんでした(汗)

水上駅を発車してしばらくすると、
「SL GUNMAトレーディングカード」が配布されます。
(30種類+レアカード2種類)

行きの「SLぐんまみなかみ」では「石炭」(笑)
でしたが、帰りは・・・
「D51 498 復活30周年ヘッドマーク」でした!

minakami509s_DSC00254.JPG

これは、昨年乗車したときの列車で、
当たりのうちに入るかな?

前記事で、
水上の温泉街の「気ママ屋」さんで買った、
パンを食べていると後閑駅15:38到着、
ここもいつかは下車して、
街を散歩してみたいです。

minakami510s_DSC00258.JPG

後閑駅を発車すると、
水上駅前のお土産屋さんで買った、
近藤酒造「スパークリング赤城山」をいただきます。

minakami511s_DSC00264.JPG

「スパークリング赤城山」はスパークリング純米酒で、
吟醸の香りと旨味があって、
炭酸でスッキリとして美味しくいただきます。

おつまみは、
「みなかみ仕込 干し豚」をいただきます。

minakami512s_DSC00267.JPG

「みなかみ仕込 干し豚」は、
叉焼のポークジャーキー版という感じで、
群馬麦豚の旨味があって、脂身も食べやすくて、
自分的には、みなかみへ行ったときの定番です。

もちろん、お土産には、
「湯乃花饅頭」も定番ですね。

minakami513s_DSC04143.JPG

「湯乃花饅頭」は、
賞味期限は数日ですが、つくりたてで、
しっとり、もっちり、美味しくて、
SL列車の運転日には、
牽引するSLのパッケージになるのが嬉しいです。

沼田駅15:47到着、5分ほど停車するので、
少し駅のホームへ降りてみます。

minakami514s_DSC00269.JPG

停車時間で車外へ出られるのも、
SL列車の楽しみですね。

沼田駅15:52発車、日が暮れてきます。

minakami515s_DSC00275.JPG

ダイヤモンドなんちゃら?的な、
山々の眺めも美しいです。

minakami516s_DSC00281.JPG

渋川駅16:21到着、
約14分の停車時間があるので、
駅のホームへ降りて、列車を見物します。

minakami517s_DSC00308.JPG

16:25ごろ、JR吾妻線から上野駅へ向かう、
特急「草津4号」が到着します。

minakami518s_DSC00293.JPG

渋川駅で「草津4号」へ乗り換えて、
時短もできますが、
乗り換え時間は短いので気をつけましょう!
以前、忘れ物しましたので(汗)

※ご参考の記事です
 水上へ、レトロSL列車の旅 その4:帰りもSL乗車編
 https://rice-one.blog.ss-blog.jp/2017-07-16

帰りの「SLぐんまみなかみ」は、
見物客で大混雑することもなく、
ゆっくりと、SL:C61 を見物できます。

minakami519s_DSC00297.JPG

力強い動輪、ロッドなど、間近に見物します。

minakami520s_DSC00302.JPG

渋川駅16:35発車、このあと新前橋駅に停車して、
終着駅の高崎駅17:13到着、
約2時間のSL列車の旅は楽しくて、
あっという間に終わります。

minakami521s_DSC00314.JPG

高崎駅では、SL:C61の見物客で大混雑です(汗)

回送していくSL:C61を見送って、
JR湘南新宿ライン小田急ロマンスカー
と乗り継いで帰路になります。

minakami522s_DSC00319.JPG

のんびり走るSL列車の旅は、
何度乗車しても、まったりと楽しめますね。

紅葉の見ごろには早かったですが、
(この日は11月2日です)
散歩を楽しんだり、お店の発見もあって、
みなかみの街の新たな魅力を感じました!

桜の季節にも行ってみたいですね[わーい(嬉しい顔)]


nice!(83)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

まだ早い?みなかみ紅葉散歩 その4:街中散歩編 [旅・散歩-関東(北関東)]

5日間かけて旅に出てましたので、
ブログ投稿に少し間が空いてしまいました(汗)

前記事からの続きです。


みなかみへ行くと、いつも気になっていた、
諏訪峡遊歩道をぐるっと歩いたあと、
温泉街へ戻ります。

帰りの列車まで1時間半ぐらい余裕があるので、
5月にも行った、湯原神社へ向かいます。

minakami401s_DSC00153.JPG

前回に行ったときの木製の階段の反対側にある、
コンクリートの階段を登ります。

minakami402s_DSC00156.JPG

階段を登りきると、湯原神社に到着します。

minakami403s_DSC00159.JPG

無事にまた、ここに来れたことに感謝します。

何故また、湯原神社に行きたかったというと、
拝殿の横にある赤い鳥居があって、
前回は時間の都合もあって行けなかったので、
気になっていたためです(汗)

minakami404s_DSC00160.JPG

赤い湯原稲荷神社の鳥居の先を登って行くと、
神社らしからぬ建物(拝殿?)があります。

minakami405s_DSC00163.JPG

ちょっと拍子抜けしたな・・・
と思って周りを歩いてみると、
すぐ脇に、小さくお祀りされてました。

minakami406s_DSC00164.JPG

湯原神社の鳥居を出ます。

minakami407s_DSC00167.JPG

湯原神社の鳥居のすぐ横にある、
三峰神社(みつみねじんじゃ)にも立ち寄ります。

minakami408s_DSC00168.JPG

小さな三峰神社です。

minakami409s_DSC00169.JPG

ここからは眺めも良くて、
水上の温泉街を見渡します。

minakami410s_DSC00166.JPG

再び、温泉街へ戻ります。

温泉街を歩いていると、
日帰り温泉がある「ふれあい交流館」があって、
無料の足湯もあります。

minakami411s_DSC00093.JPG

「ふれあい交流館」のすぐ横には、
小さな八坂神社もあります。

minakami412s_DSC00151.JPG

この「ふれあい交流館」の前側には、
手作りパンとカフェの店「気ママ屋」があって、
気になっていたので立ち寄ってみました。
http://kimamaya.arrow.jp/

minakami413s_DSC00091.JPG

店内には所狭しとパンやお菓子などが並んで、
イートインスペースもあります。

お土産に、
「まいたけクッキー」(200円)と、
「ラスク てんさい糖味」(300円)を
買ってみます。

minakami414s_DSC04137.JPG

「まいたけクッキー」は、
食べた瞬間、甘さ控えめて、
さっぱりしたクッキーな感じですが、
噛んでいると舞茸の香りが広がって、
舞茸好きにはたまらないですね!

「ラスク てんさい糖味」は、
てんさい糖のやさしい甘さで、
サクサク美味しく食べられます。

もちろん、
帰りの列車で食べるパンも買います。

「フレンチトースト」(写真左)と
「うずらのたまごが入ったカレーパン」(写真右)
どちらも、なんと100円です!
(写真は帰りの列車内ですが)

minakami415s_DSC04131.JPG

「フレンチトースト」は、
表面はしっとりと地元の卵を使っていて、
中はふわふわでボリュームがあります。

「うずらのたまごが入ったカレーパン」は、
辛すぎないスパイシーなキーマカレーに、
うずらのたまごの食感が美味しいです。

そして、
地元のりんご園から直送のりんごを使った、
「みなかみ林檎のアップルパイ」(250円)です。

minakami416s_DSC04133.JPG

たっぷりと入ったりんごも美味しいですが、
パイのサクサク感との食感がいいですね。

「気ママ屋」での買物のあと、
温泉街から水上駅へ戻る途中、
利根川沿いの遊歩道を歩きます。

minakami417s_DSC00084.JPG

相変わらず、朽ちた吊り橋は放置なのかな(汗)

minakami418s_DSC00081.JPG

14:20ごろに水上駅に到着して、
再び、SL転車台広場へ行きます。

minakami419s_DSC00176.JPG

この時間帯だと、人は少なくて、
じっくりとSL(蒸気機関車)を見物できます。

minakami420s_DSC00185.JPG

14:30ごろ、この日のSL:C61 は、
火力を上げて、煙を噴き上げます。

minakami421s_DSC00190.JPG

帰りの列車を牽引するため、SL:C61 が、
メンテスペースから引込線へ移動する前に、
水上駅へ戻ります。

minakami422s_DSC00193.JPG

このあと、
帰りの快速「SLぐんまみなかみ」へ乗車となります。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(83)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

まだ早い?みなかみ紅葉散歩 その3:諏訪峡散歩編 [旅・散歩-関東(北関東)]

JR上越線快速「SLぐんまみなかみ」に乗車して、
SL転車台広場でのSL(蒸気機関車):C61 の、
転車台回転を見物したあとは、
みなかみの街を散歩します。

minakami301s_DSC00076.JPG

水上駅に戻って、
JR上越線の線路沿いの道を南へ歩きます。

minakami302s_DSC00079.JPG

6~7分歩いたところで、
利根川に架かった橋を渡ります。

minakami303s_DSC00087.JPG

利根川上流と谷川岳の眺めがいいですね!

橋を渡ると温泉街に入ります。

minakami304s_DSC00088.JPG

温泉街を歩きます。

minakami305s_DSC00089.JPG

水上駅から20分ほど歩くと、
諏訪峡遊歩道があります。

minakami306s_DSC00098.JPG

利根川上流沿いに諏訪峡遊歩道を歩きます。

minakami307s_DSC00101.JPG

諏訪峡遊歩道を5分ほど歩くと、
清流公園に到着します。

minakami308s_DSC00104.JPG

ここからの眺めもいいですね。

清流公園に隣接して、
道の駅「水紀行館」があります。
http://www9.wind.ne.jp/mizukikou/

minakami309s_DSC00109.JPG

利根川を眺めながら入れる、
無料の足湯もあります。

minakami310s_DSC00112.JPG

今回は「水紀行館」には立ち寄らずに、
駐車場の片隅に静態保存されている、
国鉄上越線で活躍したEL(電気機関車):EF16
を見物して、諏訪峡遊歩道へ戻ります。

minakami311s_DSC00114.JPG

再び利根川沿いの道を、
あの吊り橋を目標に歩きます。

minakami312s_DSC00115.JPG

「水紀行館」から600m、意外に早く、
笹笛橋に到着します。

minakami313s_DSC00120.JPG

minakami314s_DSC00124.JPG

笹笛橋には、休憩できる公園もあります。

minakami315s_DSC00121.JPG

橋を渡ってみると、意外に揺れます(汗)

minakami316s_DSC00127.JPG

橋の上からは、
温泉街・谷川岳方面の眺めがいいです。

minakami317s_DSC00128.JPG

渓谷側を眺めます。

minakami318s_DSC00132.JPG

紅葉の見ごろになったら、絶景でしょうね。
(この日は11月2日です)

色付き始めの紅葉を眺めながら休憩します。

minakami319s_DSC00137.JPG

橋を渡って温泉街へ向かって歩きますが、
ちょっと険しい道になってます(汗)

minakami320s_DSC00139.JPG

でも、こちら側の方が利根川に近くて、
また違った雰囲気で散歩を楽しめます。

少しだけ、見ごろの紅葉も見られました。

minakami321s_DSC00141.JPG

再び橋を渡って、温泉街へ戻ります。

minakami322s_DSC00149.JPG

この日、11月2日(土)は少し暑かったですが、
利根川のすぐ側を歩いて清涼感があって、
眺めも良くて、紅葉も見れて、
諏訪峡遊歩道での散歩を楽しめました。

みなかみでの散歩は続きます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(91)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -