So-net無料ブログ作成
旅・散歩-関東(北関東) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

水上紅葉散歩 その2:SL乗車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

水上・諏訪峡の散歩からJR水上駅へ戻って、
駅のすぐ隣にあるSL転車台広場へ向かいます。

minakami201s_DSC02764.JPG

寝坊で3時間遅れでの出発から、
ここでオンスケになりました(汗)

山の紅葉を背景に、静態保存のSL:D51 745号機です。

minakami202s_DSC02767.JPG

高崎駅から水上駅まで乗車するはずだった、
快速「SLぐんまみなかみ」を牽引してきた、
動態保存のSL:D51 498号機です。

minakami203s_DSC02782.JPG

このD51 498号機は、1988年の復活から30周年なので、
テンダーは記念のデザインとなってます。

minakami204s_DSC02786.JPG

昭和15年(1940年)から78年、大きなトラブルもなく、
まだまだ現役で走っていて欲しいですね。

minakami205s_DSC02796.JPG

14:45頃、D51は引込線へ戻ります。

minakami206s_DSC02793.JPG

D51が引込線へ戻ったら、水上駅へ向かいます。

minakami207s_DSC02895.JPG

途中、転車台がありますが、予定通りなら、
転車台で回転するD51を見れたんですよね(汗)

minakami208s_DSC02893.JPG

水上駅のホームに到着、3時間遅れの出発から、
ここでやっとオンスケになります(汗)

minakami209s_DSC02956.JPG

14:52頃、D51が駅を通過します。

minakami210s_DSC02905.JPG

駅を通過したD51は、バックして駅へ戻ってきます。

minakami211s_DSC02926.JPG

そして、客車と連結します。

minakami212s_DSC02939.JPG

今年(2018年)11月に、
「SLみなかみ」から「SLぐんまみなかみ」へ、
列車名が変わりましたが、
それから初めての乗車は、復活30周年仕様です。

minakami213s_DSC02952.JPG

レトロ客車へ乗り込みます。

minakami214s_DSC02910.JPG

昔ながらのボックスシートへ座ります。

minakami215s_DSC02912.JPG

快速「SLぐんまみなかみ」は水上駅15:20発車、
「みなかみ仕込 干し豚」で呑み鉄開始です(酔)

minakami216s_DSC02958.JPG

「みなかみ仕込 干し豚」はポークジャーキーですが、
あまり硬くなくて食べやすくて、
チャーシューに近い味が特徴です。

水上の地酒「誉国光(ほまれこっこう)」ですが、
やや甘口ですが、すっきりと飲みやすくて、
塩味の「みなかみ仕込 干し豚」に合って、
美味しくいただけました。

minakami217s_DSC02960.JPG

紅葉の利根川上流の景色を眺めながら、
呑み鉄が続きます。

minakami218s_DSC02721.JPG

沼田駅15:47到着、5分の停車時間があるので、
駅のホームへ降りてみます。

minakami219s_DSC02965.JPG

意外と見物客が少ないので、
沼田駅は記念撮影チャンスですよ。

沼田駅15:52発車すると、車内販売が来たので、
定番のスジャータ・バニラアイスをいただきます(笑)

minakami220s_DSC02969.JPG

スジャータ・バニラアイスは濃くてやや甘すぎるのですが、
旅で疲れたカラダにはたまりません(笑)

渋川駅16:21到着、ここでは14分ほど停車します。

minakami221s_DSC02975.JPG

少し撮影してから、渋川駅16:26発車の、
特急「草津4号」へ乗り換えて、帰路になります。

minakami222s_DSC02980.JPG

3時間寝坊から始まった、今回の旅は、
高崎駅から水上駅へは、SL列車では約2時間の移動時間で、
高崎駅での入線や、水上駅での転車台ショーなどの、
見物時間も含めて3時間を予定してましたが、
JR上越線の普通列車では、約1時間で移動できるので、
この2時間回復できたのは大きいです。

行きの「SLぐんまみなかみ」へは乗車できなかったですが、
帰りの「SLぐんまみなかみ」でまったりSL列車を楽しめて、
水上・諏訪峡の紅葉も見物できて良かったです!


さて、今週後半は昨年に続いて遅すぎる夏休みになって、
四国方面への旅を予定してますので、
いただきましたコメントへの返信やブログ記事の投稿など、
少し期間が空いてしまうかもしれませんが、
引き続きよろしくお願い致します[わーい(嬉しい顔)]


nice!(88)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

水上紅葉散歩 その1:諏訪峡編 [旅・散歩-関東(北関東)]

今年も紅葉・黄葉の季節になりました。

まずは、まったりとSL(蒸気機関車)列車に乗車して、
水上で紅葉散歩の計画でしたが・・・寝坊しました(涙)

出発は11月10日(土)朝4:00起きで出発予定なのに、
目が覚めたのは7:00過ぎでした(汗)

絶望的な3時間の寝坊ですが、
気を取り直して時刻表をチェックして、まだ行けるぞ!
ってことで、JR上野東京ラインへ乗車、高崎駅11:41到着です。

minakami101s_DSC02718.JPG

JR上野東京ラインのグリーン車へ乗車して、
「神奈川牛肉弁当」で朝ごはん+呑み鉄です(酔)

minakami102s_DSC02707.JPG

朝から「神奈川牛肉弁当」はちょっとヘビーですが、
寝坊して遅れた分、お腹も空いてるし、歩く気満々なので、
栄養補給で買ってみましたが、
神奈川のブランド牛「やまゆり牛」の柔らかさと、
オイスターソースのしぐれ煮の旨味はたまりません!

高崎駅からは、
JR上越線の12:02発車の水上駅行きの列車へ乗り換えて、
約1時間、水上駅近くの風景は、結構な紅葉してます!

minakami103s_DSC02735.JPG

水上駅13:07到着、駅のホームには乗車するはずだった、
快速「SLぐんまみなかみ」の客車が停車してます(痛)

minakami104s_DSC02754.JPG

水上駅の改札を出ると、山がカラフルで絶景です!

minakami105s_DSC02890.JPG

JR上越線の線路沿いに歩いて、水上の温泉街へ向かいます。

minakami106s_DSC02811.JPG

途中から、利根川沿いの遊歩道へ降りてみます。

minakami107s_DSC02816.JPG

前回来たときにも朽ちていて通行禁止だった吊り橋は、
そのまま放置な感じです(汗)

minakami108s_DSC02814.JPG

紅葉の利根川上流の眺めがいいですね。

minakami109s_DSC02824.JPG

利根川沿いの遊歩道から、温泉街へ入ります。

minakami110s_DSC02827.JPG

カラフルで綺麗な山の景色を横目に歩きます。

minakami111s_DSC02833.JPG

水上駅から12~13分ほど歩くと、
日帰り温泉の「ふれあい交流館」があります。

minakami112s_DSC02837.JPG

寝坊してなかったら、ここで休憩の予定でしたが(痛)

「ふれあい交流館」から5分ほどで、
「諏訪峡遊歩道」に入ります。

minakami113s_DSC02842.JPG

紅葉の山の風景を眺めながら、利根川上流沿いに歩きます。

minakami114s_DSC02856.JPG

水上駅から徒歩22~23分で諏訪峡にある、
清流公園に到着します。

minakami115s_DSC02880.JPG

(寝坊しないで)もう少し時間があったら、
奥に見える笹笛橋まで行きたかったです(汗)

minakami116s_DSC02855.JPG

清流公園に隣接する、道の駅「水紀行館」には、
所々に見ごろの紅葉がありました。

minakami117s_DSC02870.JPG

minakami118s_DSC02874.JPG

紅葉と利根川を眺めながら入れる、無料の足湯もあります。

minakami119s_DSC02875.JPG

そして、駐車場の片隅には、
錆も多く、プレートが外れていたり(盗難?)しますが、
かつて国鉄上越線で活躍したEL(電気機関車):EF16
が静態保存されてます。

minakami120s_DSC02864.JPG

お土産やお酒など買い物をして、水上駅へ戻ります。

minakami121s_DSC02877.JPG

次回は、もっと時間に余裕を持って、
諏訪峡へまた行きたいですね(汗)

寝坊には気を付けましょう[ふらふら]

nice!(86)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

JR吾妻線散歩 その3:川原湯編 [旅・散歩-関東(北関東)]

快速「はちおうじやまどり」に乗車して
ダム建設で沈むために敷かれたJR吾妻線の新線の駅、
川原湯温泉駅で下車します。

agatuma301s_DSC02610.JPG

設備も最新の真新しい駅舎です。

旧吾妻線と旧温泉街を散歩したくて、
駅から吾妻川の方向へ下っていきますが、
今はダム工事で通行止めになってました(汗)

agatuma302s_DSC02611.JPG

ここで30分以上のロスタイムです(痛)

川原湯温泉駅へ戻って、少し山の方へ登っていくと、
真新しい川原湯神社があります。

agatuma303s_DSC02646.JPG

川原湯神社もダム建設で沈んでしまうため、
ここに新しく建てられました。

agatuma304s_DSC02614.JPG

新しい温泉街へ向かって歩いていると、
途中に薬師堂がありますが、こちらも新築でしょうか・・・

agatuma305s_DSC02621.JPG

道路も整備されてます。

agatuma306s_DSC02644.JPG

川原湯温泉駅から20分ほど歩くと、新しい温泉街があります。

agatuma307s_DSC02624.JPG

源頼朝が発見してから800年の歴史のある川原湯温泉ですが、
ダム建設のために移転して、新しい街になってます。

agatuma308s_DSC02625.JPG

新しい温泉でも、共同浴場に寄りたかったですが、
川原湯温泉駅に到着してからのロスタイムで、
時間に余裕がないので諦めます(悲)

街を進んでいくと、八ッ場(やんば)大橋があります。

agatuma309s_DSC02627.JPG

まだ水が溜まってないときに見ると、かなりの高さがあって、
下を覗き込むと、こわくなります(汗)

八ッ場大橋から、建設中の八ッ場ダムを眺めます。

agatuma310s_DSC02629.JPG

旧吾妻線の廃線跡沿いを歩きたかったのですが、残念です。

agatuma311s_DSC02635.JPG

八ッ場ダム近くには小さな展望台があります。

agatuma312s_DSC02643.JPG

展望台から、ダム工事を眺めます。

agatuma313s_DSC02642.JPG

八ッ場ダムは昔、何か大騒ぎしてた気がしますが、
思い出せません、今はどうなったんですかねぇ・・・

工事中のダムを見学するツアーもあって、
観光資源の一つになってます。

もう少し時間に余裕があれば吾妻峡へ行きたかったですが、
川原湯温泉駅へ戻って、
15:16発車の万座・鹿沢口駅行きの列車へ乗車します。

agatuma314s_DSC02657.JPG

長野原草津口駅15:21到着、ここで下車します。

agatuma315s_DSC02659.JPG

長野原草津口駅では、行きに乗車してきた、
快速「はちおうじやまどり」が待機してますが、
帰りは乗車しません。

agatuma316s_DSC02671.JPG

特急「草津4号」へ乗車します。

agatuma317s_DSC02679.JPG

昨年(2017年)5月に、JR上越線渋川駅で、
快速「SLレトロみなかみ」から「草津4号」へ乗り換えのとき、
網棚にお土産を置き忘れてしまって、
新前橋駅で下車して「SLレトロみなかみ」に再び乗車するという、
約10分のグリーン車の夢だったので、今回リベンジです(笑)

agatuma318s_DSC02683.JPG

グリーン車は、1列+2列の座席配置になってます。

agatuma319s_DSC02686.JPG

足元も広々と、ゆったりとしたシートに座ります。

agatuma320s_DSC02688.JPG

長野原草津口駅15:43発車、駅弁は売ってなかったので、
お土産店で買った「塩あま納豆」と日本酒「草津節」で
呑み鉄開始です(酔)

agatuma321s_DSC02700.JPG

日本酒「草津節」は爽やかな口当たりですが、
お米の旨味も結構あって「塩あま納豆」と合いました。

吾妻の自然を眺めながら、帰路になります。

agatuma322s_DSC02694.JPG

今回の旅は、「はちおうじやまどり」も堪能できましたが、
中之条、河原湯の散歩も見どころが多くて、
まだ行けてないところもあるので、また計画したいです。
(お店も少ないので、お酒などの買い物も計画的に!)

特に河原湯と吾妻渓谷は、ダムが完成するまでには、
歩いておきたいです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(92)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

JR吾妻線散歩 その2:中之条編 [旅・散歩-関東(北関東)]

快速「はちおうじやまどり」は、
中之条駅で100分以上の停車時間なので改札を出てみると、
迫力のある和太鼓の演奏で歓迎していただきました!

agatuma201s_DSC02523.JPG

和太鼓の演奏を楽しんだあと、
中之条の街を歩きます。

agatuma202s_DSC02573.JPG

中之条の街を歩いていると、
所々に昔ながらの建物があって、懐かしい雰囲気があります。

agatuma203s_DSC02527.JPG

中之条駅から歩いて10分もかからないところに、
林昌寺(りんしょうじ)があります。

agatuma204s_DSC02530.JPG

江戸時代中期の元文年間(1736~1741年)に建立された、
立派な山門です。

agatuma205s_DSC02545.JPG

山門を潜ります。

agatuma206s_DSC02536.JPG

木造の古い造りと彫刻が歴史を感じます。

agatuma207s_DSC02548.JPG

山門を入ると、六地蔵尊があります。

agatuma208s_DSC02538.JPG

上から眺める山門です。立派な造りですね。

agatuma209s_DSC02531.JPG

林昌寺は平安時代の古寺で、
本堂の屋根の「六連銭(六文銭)」や
山門屋根の「結び雁金(むすびかりがね)」など、
真田家とのつながりがあります。

agatuma210s_DSC02552.JPG

林昌寺から20分ほど歩いて、中之条町役場の先へ行くと、
森林の茂みの中に鳥居が見えてきました。

agatuma211s_DSC02555.JPG

この鳥居を入って階段を登ると、柴宮神社があります。

agatuma212s_DSC02559.JPG

柴宮神社の詳細情報はわかりませんが、
森林の中に建つ、古い木造の拝殿の雰囲気がいいですね。

agatuma213s_DSC02563.JPG

柴宮神社の裏山にある城峰城跡へ行ってみましたが・・・
道に迷って、時間切れになりました(汗)

中之条駅へ戻る途中、
中之条町ふるさと交流センター「つむじ」へ寄ります。
http://tsu-mu-ji.com/

agatuma214s_DSC02566.JPG

ここには、飲食店や伝統工芸品を売っている雑貨ショップがあって、
お祭り広場ではイベントが開催されてました。

agatuma215s_DSC02571.JPG

ちょうど、太々神楽が行われてました。

このときの演目は、
「須佐之男命 宇加魂之命 種まき」と書いてありましたが、
非日常な雰囲気に、刺激を受けます。

中之条駅に停車中の、
快速「はちおうじやまどり」の車内へ戻ります。

agatuma216s_DSC02576.JPG

中之条駅13:10発車、
到着の時の歓迎と見送りをしていただいて、
ありがとうございます。

agatuma217s_DSC02575.JPG

中之条の街は、まだまだ見どころが多いので、
また歩いてみたいです。

お昼ごはんは、中之条の街のお店で食べようと思ってましたが、
時間が無くなってしまったので、
帰り用に高崎駅で買っておいた、
おぎのやさんの「峠の鶏もも弁当」をいただきます。

agatuma218s_DSC02585.JPG

「峠の鶏もも弁当」は、鳥もも焼きがまるごと入っていて、
そのままがぶりついても美味しいのですが、
お好みで塩、マヨネーズとつけて食べると、
味の変化があって楽しめます(旨)

砂肝や野菜、栗、蒟蒻などなど付いていて900円、
「峠の釜めし」で有名なおぎのやさん、やってくれます!

これはオススメな駅弁のひとつになりました。

中之条駅を発車してしばらくすると、
ダム工事で沈んでしまうため、
敷き直した真新しい線路を走ります。

agatuma219s_DSC02586.JPG

川原湯温泉駅13:40到着、ここで下車して、
「はちおうじやまどり」を見送ります。

agatuma220s_DSC02598.JPG

このあとは、川原湯温泉の街を歩きます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(78)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

JR吾妻線散歩 その1:はちおうじやまどり編 [旅・散歩-関東(北関東)]

人気のリゾート列車の快速「リゾートやまどり」ですが、
八王子駅-長野原草津口駅間で、
快速「はちおうじやまどり」として運行されるので、
えきねっとの事前受付(1ヶ月以上前の申込)をしてみたところ、
指定席がとれたので、JR吾妻線の旅へ行きました。

前回の銚子への旅から、2週続けての旅になりますが、
出発は10月13日、まず、JR横浜線で八王子駅へ移動します。

agatuma101s_DSC03104.JPG

八王子駅で買い物をして、7:30過ぎ、
快速「はちおうじやまどり」が入線します。

agatuma102s_DSC02424.JPG

485系電車を改造した「リゾートやまどり」は、
今年(2018年)6月に快速「谷川ループ」に乗車して以来、
2度目の乗車になります。

agatuma103s_DSC02432.JPG

入線してから7:50頃、乗車できるようになります。

agatuma104s_DSC02433.JPG

座席は、1列+2列のゆったりとした広いシートです。

agatuma105s_DSC02442.JPG

一人旅に嬉しい1列シートへ座ります。快適です!

agatuma106s_DSC02437.JPG

展望スペースもあって、
指定席券520円+運賃で乗車できるので、
「リゾートやまどり」は人気の列車です。

agatuma107s_DSC02440.JPG

八王子駅7:57発車、
「牛すきと焼肉弁当」で呑み鉄開始です(酔)

agatuma108s_DSC02448.JPG

「牛すきと焼肉弁当」は、
すき焼きと網焼き牛カルビの2種類が楽しめて、
肉も柔らかくて美味しいお弁当です。

個人的な感想ですが、
ごはんと比べて、ちょっと肉が少なく感じたので、
もう少し濃い味付でもよかったかな?とも思います(汗)


八王子駅を発車した列車は、
JR中央本線、武蔵野線を経由して高崎線へと入り、
高崎駅へ到着する直前、
SL(蒸気機関車):D51 の姿と駆け寄る人々が!

agatuma109s_DSC02451.JPG

その先には、青い国鉄色の電気機関車が並んでました!

agatuma110s_DSC02453.JPG

この日は、鉄道の日(10月14日)に因んで、
「高崎鉄道ふれあいデー」が開催されていて、
写真手前から、
EF64 1001、EF64 1053、EF65 501、EF65 1102、EF66 27 が、
ブルートレインのヘッドマークを付けて展示されてました。

これは貴重で、近くで視たら迫力がありそうです。

そういえば・・・
乗車している「リゾートやまどり」485系電車の改造なので、
元国鉄の車両から眺めているのも、ご縁でしょうか(笑)
(床下機器はそのまま485系電車です)

agatuma111s_DSC02474.JPG

高崎駅10:04到着、7分ほどの停車時間がありますが、
「リゾートやまどり」には車内販売がないので、
この時間を利用して、駅舎内の売店で買い物を済ませます。

高崎駅10:11発車してから約10分で、
新前橋駅10:21到着、ここでも11分ほど停車時間があるので、
ホームへ降りて撮影します。

agatuma112s_DSC02472.JPG

しばらくすると特急「草津31号」が到着、
先に発車する「草津31号」を見送ります。

agatuma113s_DSC02484.JPG

新前橋駅10:32発車してしばらくすると、
進行方向右手に赤城山の風景が広がります。

agatuma114s_DSC02502.JPG

渋川駅10:45到着すると、多くの乗客が下車して、
車内が空いたところで、少し車内の見物をします。

先頭車両にある展望席です。
(写真は中之条駅で撮り直したものです)

agatuma115s_DSC02578.JPG

畳のミーティング室です。
(写真は中之条駅で撮り直したものです)

agatuma116s_DSC03115.JPG

車内販売がなくて少し不便ですが、
設備はリゾート列車に相応しいですね。

渋川駅からJR吾妻線へ入ります。

agatuma117s_DSC02506.JPG

吾妻線は吾妻川沿いに走っていて、
のんびりと自然の風景を楽しめます。

agatuma118s_DSC02509.JPG

小野上駅付近に差し掛かると、採掘場が見えてきます。

agatuma119s_DSC02512.JPG

こちらでは鉄道施設に使う砕石を採掘していて、
小野上駅から搬出しているそうです。

agatuma120s_DSC02516.JPG

中之条駅11:22到着、
ここでは驚きの100分以上の停車時間があるので
一旦列車を降ります。

agatuma121s_DSC02520.JPG

このあとは中之条の街を歩きます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(83)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

横川駅へ、レトロ列車と廃線の旅 その3:EL列車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

「アプトの道」を「めがね橋」まで約4.7km、
帰りは緩やかな下り坂で楽ですが、
下りの方が足には負荷がかかるので、
やや遅めのペースで歩きます。

yokokawa301s_DSC01808.JPG

遅めのペースのつもりでも、
実際は上りと同じ約75分でしたので、
下りは要注意ですね(汗)

yokokawa302s_DSC01825.JPG

寄り道もあって往復で10km以上歩きましたが、
廃線の雰囲気や風景の変化があるので、
「アプトの道」は思っていたよりも楽に歩けました。

帰りの列車まで1時間以上余裕がありますが、
碓氷峠鉄道文化むらへは入園せずに、
横川駅に向かいます。

yokokawa303s_DSC01836.JPG

横川駅ではもちろん、出来立てで温かい、
おぎのやさんの「峠の釜めし」をいただきます。

yokokawa304s_DSC01833.JPG

「峠の釜めし」は冷めていても美味しいですが、
出来立てではまた違った旨みやふわふわ感やあるので、
横川では食べておきたい定番です(旨)

「峠の釜めし」をいただいたあと、
早めですが横川駅の改札を入ります。

yokokawa305s_DSC03057.JPG

横川駅には行きに乗車した、
快速「SLレトロ碓氷」(高崎駅→横川駅)が停車してます。

yokokawa306s_DSC01854.JPG

SL(蒸気機関車):D51 498レトロ客車5両の後ろには、
EL(電気機関車):EF65 501が連結されていて、
帰りは快速「ELレトロ碓氷」としてEL:EF65が牽引します。

yokokawa307s_DSC01878.JPG

ブルートレインの一時代を築いた貴重なEL:EF65
じっくり見物します。

yokokawa308s_DSC03059.JPG

まだ人も少ないので、SL:D51 をじっくり見物します。

yokokawa309s_DSC01890.JPG

今も現役で走っている動輪、ロッドなど、近くで視て触れます。

yokokawa310s_DSC01900.JPG

暑い中、暑い蒸気の中、運転ご苦労様です(礼)

yokokawa311s_DSC01906.JPG

発車30分前の14:45頃、客車に乗車できます。

yokokawa312s_DSC01927.JPG

人が少ないうちに、ゆっくりレトロ客車内を見物してから、
横川駅15:15、快速「ELレトロ碓氷」が発車します。

ついつい車内販売で買ってしまった、
列車では定番のスジャータ・バニラアイスクリームで、
呑み鉄しながら高崎駅へ向かいます(汗)

yokokawa313s_DSC01938.JPG

安中駅15:51到着、8分の停車時間があるので、
反対側のホームから、風格のあるEL:EF65 501を見物します。

yokokawa314s_DSC01952.JPG

安中駅15:59発車すると、
終着駅の高崎駅までラストスパートです。

高崎駅16:18到着、約1時間の短い時間ですが、
今も現役のSL:D51 498EL:EF65 501と、
レトロ客車に揺られながら貴重な旅でした!

yokokawa315s_DSC01962.JPG

高崎駅では、反対のホームにはちょうど、
485系お座敷電車 「華」が停車してました。

yokokawa316s_DSC01969.JPG

これもまた、乗車してみたい電車で、
装備されているカラオケもいってみたいですね(笑)

高崎駅到着から10分ほどして、
快速「ELレトロ碓氷」は回送します。

yokokawa317s_DSC01974.JPG

最後尾のSL:D51を見送ります。

yokokawa318s_DSC01983.JPG

高崎駅からは、
16:46発車の特急「草津4号」へ乗車して帰路になります。

yokokawa319s_DSC02002.JPG

まだまだ旅は終わりません!

JR湘南新宿ラインやJR上野東京ラインの
普通列車のグリーン車もいいですが、
また違った雰囲気の特急の指定席で、
のんびり呑み鉄を楽しみます(酔)

yokokawa320s_DSC02007.JPG

赤羽駅17:59到着、JR埼京線へ乗り換えて新宿駅で下車、
小田急ロマンスカーで快適な旅でした!

yokokawa321s_DSC02030.JPG

今回の快速「レトロ碓氷」は、SLの魅力を楽しみながら、
貴重なEL:EF65 501の雄姿にも逢えて、
「アプトの道」も体験できて楽しめました!

次回は、もうすぐですが、紅葉の時期を狙って、
熊ノ平駅まで歩いてみたいと思います。

そして、古い車両の保存には感謝しかありませんね[わーい(嬉しい顔)]

nice!(87)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

横川駅へ、レトロ列車と廃線の旅 その2:アプトの道編 [旅・散歩-関東(北関東)]

JR信越本線の快速「SLレトロ碓氷」(高崎駅→横川駅)で、
SL(蒸気機関車)とレトロ客車を楽しんだあとは、
横川駅から徒歩数分の碓氷峠鉄道文化むらへ向かいます。
https://www.usuitouge.com/bunkamura/index.php

yokokawa201s_DSC01830.JPG

今回は碓氷峠鉄道文化むらには入園しないで、
すぐ横にあるハイキングコース「アプトの道」を歩きます。

yokokawa202s_DSC01655.JPG

「アプトの道」の起点から5分ほど歩いて、
少し道を外れたところに、碓氷関所跡があります。

yokokawa203s_DSC01658.JPG

この東門は、台石や扉、屋根などの一部を使用して、
昭和34年(1959年)に復元されました。

「アプトの道」は、
平成9年(1997年)に廃止になった信越本線など、
鉄道の廃線跡を利用しているので、
線路に沿って、緩やかな坂道が続きます。

yokokawa204s_DSC01814.JPG

歩くのには緩やかな坂道ですが、
鉄道で登るには厳しい勾配なので、
歯車とラックレールを使用したアプト式など、
鉄道の工夫の歴史があります。

碓氷関所跡から約1.3km、20分ほど歩くと、
旧丸山変電所があります。

yokokawa205s_DSC01812.JPG

2棟ある煉瓦造りの丸山変電所は、
明治45年(1912年)に建設され、
国の重要文化財に指定されてます。

yokokawa206s_DSC01804.JPG

「アプトの道」に沿って線路がありますが、
碓氷峠鉄道文化むらの「トロッコ列車ライン」として、
列車が運行されてます。

yokokawa207s_DSC01702.JPG

碓氷峠鉄道文化むらの施設のひとつなので、
入園+乗車券が必要になります(汗)

旧丸山変電所から約1.0km、15分ほど歩くと、
温泉施設の「峠の湯」があります。

yokokawa208s_DSC01708.JPG

ここでトイレを済ませて、先へ行くと、 
1号トンネル(187m)があります。

yokokawa209s_DSC01712.JPG

トンネルへ入ると涼しくて、
ライティングもあって、独特の雰囲気を楽しめます。

yokokawa210s_DSC01716.JPG

1号トンネルを抜けると、山道が続きます。

yokokawa211s_DSC01719.JPG

次に、2号トンネル(113m)に入ります。

yokokawa212s_DSC01726.JPG

2号トンネルを抜けると、碓氷湖があります。

yokokawa213s_DSC01731.JPG

ここまで、
「峠の湯」から約1.0km、15分ほど、
碓氷峠鉄道文化むらからは約3.6kmほど歩いて、
緩やかとはいえ上り坂なので、少し疲れもあるので、
碓氷湖が出現して景色に変化があるのは嬉しですね。

この先はトンネルが3つ連続しますが、
最初の3号トンネル(78m)へ入ります。

yokokawa214s_DSC01736.JPG

4号トンネル(100m)です。

yokokawa215s_DSC01740.JPG

そして、5号トンネル(244m)です。

yokokawa216s_DSC01743.JPG

5号トンネルを抜けると「めがね橋」に到着です。

yokokawa217s_DSC01788.JPG

碓氷峠鉄道文化むらからここまで、
約4.7km、75分ほど歩きました(汗)
(撮影したり景色を眺めながらなので参考です)

「めがね橋」は、明治25年(1892年)に完成した、
川底からの高さが31mある、
国内最大級の煉瓦造りアーチ橋です。

yokokawa218s_DSC01784.JPG

「めがね橋」の下へ降りてみます。

yokokawa219s_DSC01773.JPG

「めがね橋」の実物を見るのは初めてですが、
かなり大きくて歴史を感じる造りでした。

yokokawa220s_DSC01766.JPG

ここで、「めがね橋」を眺めながら、
高崎駅で買った勝沼ワイン(赤)を呑んで休憩です(酔)

yokokawa221s_DSC01782.JPG

この先、約1.2kmには熊ノ平駅がありますが、
この日は結構暑かったので体力の都合と、
帰りの列車の時間を考えて、ここで折り返します(汗)

「アプトの道」は歩きやすくて、
廃線跡の雰囲気や、変化のある景色も楽しめるので、
また紅葉とか桜の季節を狙って行ってみたいです[わーい(嬉しい顔)]

nice!(93)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

横川駅へ、レトロ列車と廃線の旅 その1:SL列車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

最近の一週間ほどは、10月、11月の旅の計画・予約で、
時間が無くて記事の投稿の間が空いてしまいました(汗)

さて、9月15日(土)からの3連休ですが、
急な仕事で9月15日(土)が出社になってしまって、
帰りも遅くなったので9月16日(日)は寝坊して、
予定していた切符(1,040円)は無駄になりました(泣)

そのリベンジで9月23日(日)、横川駅へ行きました(鬼)

JR湘南新宿ラインへ乗車して2時間45分ほどで高崎駅に到着、
JR信越本線へ乗り換えます。

yokokawa101s_DSC01555.JPG

JR湘南新宿ラインではグリーン車を利用して、
神奈川県民らしく「横須賀海軍カレーパン」を買ってみて、
軽めに呑み鉄しました。

yokokawa102s_DSC01552.JPG

「横須賀海軍カレーパン」ですが、
香辛料の効いた甘辛のカレーは結構美味しかったです。

ただ、工場での生産品なので、
パンの部分は量販品のカレーパンと同じでした。

高崎駅に到着すると、JR八高線のホームを通って、
上野駅方面側のホームの端へ向かいます。

yokokawa103s_DSC01558.JPG

ホームの端から車両基地を眺めると、
乗車予定の快速「SLレトロ碓氷」が準備してます。

yokokawa104s_DSC01561.JPG

「SLレトロ碓氷」は9:40頃、高崎駅へ入線します。

yokokawa105s_DSC01571.JPG

先頭のSL(蒸気機関車):D51形には客車が5両連結されて、
後ろにはEL(電気機関車):EF65形が連結されてます。

yokokawa106s_DSC01583.JPG

かつて、ブルートレイン(寝台特急)を牽引していた、
昭和40年(1965年)に製造されたEF65形501号機です(懐)

シブい顔つきですね!

乗車するレトロ客車は2号車の
昭和27年(1952年)製造の客車:オハ47形です。
(写真は横川駅に到着してから撮影したものです)

yokokawa107s_DSC01865.JPG

レトロ客車へ乗車しますが、扉のこの感じがたまりません!

yokokawa108s_DSC01589.JPG

昔ながらの座席に座って、高崎駅9:47発車です。

yokokawa109s_DSC01929.JPG

力強くも哀愁のあるSLの汽笛を聴きながら、
「上州D51弁当」で呑み鉄開始です(酔)

yokokawa110s_DSC01595.JPG

榛名豚の叉焼、鶏肉焼き、海老、椎茸などの具材と、
竹炭で色付けした石炭イメージの黒いごはんが美味しくて、
高崎駅からSL列車に乗車するときは、
やっぱり「上州D51弁当」を買ってしまいます(汗)

安中駅10:04到着、8分の停車時間があるので、
駅のホームへ降ります。

yokokawa111s_DSC01613.JPG

手動で開閉する扉のレトロ感もいいですね!

駅のホームへ降りると、
SL:D51形は人気で、人が集まって混雑します(汗)

yokokawa112s_DSC01601.JPG

昭和15年(1940年)から78年、
今も現役で走っていて、有難いですね!

yokokawa113s_DSC01887.JPG

後ろのEF65形501号機も貴重なんですが、
集まる人は少ないです(汗)

yokokawa114s_DSC01608.JPG

安中駅から、
東邦亜鉛安中精錬所の大きな工場を眺めます。

yokokawa115s_DSC01603.JPG

安中駅10:12発車して、磯部駅10:25到着、
ここからラストスパートです。

yokokawa116s_DSC01620.JPG

レトロ客車なので冷房は無くて、
窓を開けて吹き込む風が気持ちいいです。

yokokawa117s_DSC01622.JPG

高崎駅-横川駅間はトンネルがないので、
SLの煙を気にしないて窓を開けられます。

「SLレトロ碓氷」は、いつもならイベントがありますが、
この日はトレーディングカード(全32種類)が配られて、
袋を開けてみると客車の座席でした(笑)

yokokawa118s_DSC03072.JPG

これはどうかと思うのは自分だけでしょうか?
お子様に喜ばれるのかな(汗)

SLは煙を上げて、力強く走ります。

yokokawa119s_DSC01627.JPG

終着駅の横川駅10:49到着、
1時間ほどの「SLレトロ碓氷」の旅は、
楽しくてあっという間でした。

yokokawa120s_DSC01650.JPG

横川駅のホームではイベントがあって、
地元の高校生が和太鼓の演奏で歓迎してくれます!

yokokawa121s_DSC01648.JPG

しばらく迫力のある演奏を楽しんでから、
横川駅の改札を出ます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(82)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

土合駅散歩 その3:リゾート列車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

天神平湯吹の滝で散歩したあとは、
歩いて土合駅へ向かいます。

湯吹の滝から5分ほど歩くと、
JR上越線の上り線の踏切を渡ります。

doai301s_DSC00592.JPG

踏切を渡るとすぐに、
土合駅の地下ホームへ続く長い通路が見えてきます。

doai302s_DSC00586.JPG

湯吹の滝から10分ほどで土合駅に到着です。

doai303s_DSC00531.JPG

かなり雨が降ってきたので、
土合駅のすぐ隣にある、谷川岳ドライブインで、
買い物と雨宿りすることにしました。

doai304s_DSC00588.JPG

乗車予定の列車の発車時間まで1時間以上あるので、
食事をしようとレストランへ行ったら、
団体の予約で利用できませんでした(汗)

帰り用のお酒も買おうとすると、
持ち帰りはできなくて、レストランで呑むのみで、
雨の中、周りのお店を探します・・・が、
周りにお店なんてありません(汗)

ドライブインですから、お酒はその場で呑むよりは、
お土産で持ち帰るほうが筋が通る気がするのですが(笑)

買い物したあと、踏切で列車を待っていると、
来ました!快速「谷川ループ」です。

doai305s_DSC00598.JPG

「谷川ループ」の車両は、
485系電車を改造した「リゾートやまどり」で運行されていて、
この列車に乗車するのも今回の目的でした!

doai306s_DSC00602.JPG

踏切から土合駅を撮影してますが・・・
「谷川ループ」は越後湯沢駅13:53発車して
土合駅14:33到着すると19分の停車時間があるので、
乗車するには間に合います。

土合駅の改札を入ってすぐの上り線ホームへ行きます。

doai307s_DSC00514.JPG

土合駅は地下ホームも特徴的ですが、
地上ホームも山々を背景にいい感じですね。

doai308s_DSC00621.JPG

「谷川ループ」へ乗車します。

doai309s_DSC00616.JPG

車内へ入ると、
トイレとベンチがある広いスペースがあります。

doai310s_DSC00610.JPG

座席は、1列+2列の広いシートと大きな窓で、
ゆったりとしてます。

doai311s_DSC00608.JPG

一人旅に嬉しい、1列シートへ座ります。
(全席指定です)

doai312s_DSC00631.JPG

まだ停車時間に余裕があるので、各車両を覗いてみると、
展望スペースがあったり、

doai313s_DSC02807.JPG

ミーティング室があったり、

doai314s_DSC02805.JPG

キッズスペースがあったりと、
リゾート列車ならではの充実した設備です。

doai315s_DSC02804.JPG

これで指定席券520円+運賃で乗車できるので、
「リゾートやまどり」の人気がわかりますね。

土合駅14:52発車して、
次の停車駅、湯檜曽(ゆびそ)駅の手前では速度を落として、
1967年(昭和42年)に新清水トンネルが開通する前の、
旧湯檜曽駅のホームが見れます。

doai316s_DSC00636.JPG

また、山を下る大きなループ線でも速度を落として、
ループの下の線路を眺められます。

湯檜曽駅15:07到着、ループ線を見上げます。

doai317s_DSC00645.JPG

湯檜曽駅15:09発車、
このあとの停車駅では停車時間が短いので、
ゆったり呑み鉄したいところですが、
土合駅でお酒は買えなかったし、車内販売も来ないし・・・
ノンアルコールですが、
谷川岳ドライブインで買った「生どら焼」きをいただきます。

doai318s_DSC00633.JPG

「生どら焼」は冷蔵で冷たく、柔らかくふわっとして、
小豆は甘さを抑えて小豆の香りと味がよく、
プレミアムチーズは爽やかなクリームで、
美味しくいただきました。

終着駅の上尾駅17:12到着、快適な列車の旅でした!

doai319s_DSC00665.JPG

次回は、
JR吾妻線で運行している「リゾートやまどり」で旅したいですね。

上尾駅からは湘南新宿ラインへ乗り換えて、
新宿駅で小田急ロマンスカーへ乗り換えて帰路になります。

doai320s_DSC00669.JPG

「谷川ループ」では、
痛恨のノンアルコール、ノン駅弁だったので、
新宿のデパ地下に寄って買った「米沢牛弁当」で呑み鉄です(酔)

doai321s_DSC00673.JPG

「米沢牛弁当」ですが、
柔らかい米沢牛と、すき焼き風の味付けが美味しくて、
デパ地下ならではの、できたてで温かいのも嬉しいです。


今回は雨に降られましたが、
新幹線や特急も使わずに旅費もリーズナブルに、
土合駅地下ホーム体験と「谷川ループ」へも乗車できて、
充実した旅でした!

谷川岳は残念でしたが、またいつか散歩しに行きたいですね[わーい(嬉しい顔)]

nice!(91)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

土合駅散歩 その2:谷川岳編 [旅・散歩-関東(北関東)]

地下ホームと長い階段のあとは、
土合駅の改札を出て、駅前のバス停へ向かいます。

doai201s_DSC00532.JPG

立派なバス待合所がありますが、
反対方向へ行くので、こちらのバス停で待ちます(汗)

doai202s_DSC00527.JPG

谷川岳ロープウェイ駅行のバスに乗車すると、
他に乗客は居なくて貸切状態でした。

doai203s_DSC00535.JPG

バスに乗車してから5分ほど(210円)で、
谷川岳ロープウェイ駅に到着です。

doai204s_DSC00539.JPG

雨が降ってきましたが、せっかくここまで来たので、
谷川岳ロープウェイに乗車します。

doai205s_DSC00537.JPG

バス停からベースプラザに入って乗車券を買って、
長い通路を歩きます。

doai206s_DSC00542.JPG

ロープウェイに到着します。

doai207s_DSC00543.JPG

この日は、山の上は雨なので乗客も少なくて、
ゴンドラも貸切状態でした。

doai208s_DSC00551.JPG

15分ほどで天神平駅に到着します。

doai209s_DSC02798.JPG

やっぱり雨ですね(汗)

doai210s_DSC02776.JPG

天神平駅の近くにある展望台へ行ってみます。

doai211s_DSC00561.JPG

しばらく、山々を眺めます。

doai212s_DSC00562.JPG

1時間ほど歩いて(登って)みたかったですが、
雨で人も少ないので、無理せず断念しました。

doai213s_DSC00566.JPG

天神平駅の隣にある「ビューテラスてんじん」へ入ってみます。

doai214s_DSC02801.JPG

なかなかいい眺めのレストランですが、
普通のレストランなメニューで特に食べたいものもなく、
(場所が場所なので)やや高めなので、
天神平駅へ戻ります。

doai215s_DSC02802.JPG

ロープウェイを下ります。

doai216s_DSC00570.JPG

ベースプラザに到着しますが、上から見ると、
駐車場などの大きな建物が山の中にあるのがわかります。

doai217s_DSC00573.JPG

水上駅方面行のバスに乗車します。

doai218s_DSC00575.JPG

谷川岳ロープウェイ駅を発車して2分ほど(100円)の
土合橋でバスを下りて、
橋の上から湯桧曽川(ゆびそがわ)を見下ろすと、
「湯吹の滝」があります。

doai219s_DSC00584.JPG

湯桧曽川(ゆびそがわ)沿いに登山道があるので、
少し歩いてみました。

doai220s_DSC00578.JPG

雨のため、天神平での散歩ができず残念でしたが、
山の風景を眺めたり、少し歩くこともできて、癒されました。

土合橋から歩いて、土合駅へ戻ります。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(93)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | 次の10件 旅・散歩-関東(北関東) ブログトップ