So-net無料ブログ作成
旅・散歩-関東(北関東) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

土合駅散歩 その1:もぐら駅体験編 [旅・散歩-関東(北関東)]

今年の夏はかなり暑くなりそうで、
まとまった休みもとれずに宿泊で旅もできないので、
本格的に暑くなる前にと思って、
6月23日(土)にJR上越線土合駅まで行ってきました。

まず、上野東京ライン快速「アーバン」に乗車して、
高崎駅へ向かいます。

doai101s_DSC00443.JPG

上野東京ライン湘南新宿ラインは、
グリーン料金で780円でどこまでも行けて便利ですね!

ゆったりと「伝承 鯵の押寿し」で呑み鉄です(酔)

doai102s_DSC00442.JPG

「伝承 鯵の押寿し」は神奈川定番駅弁のひとつで、
酢と甘さのバランスが良く、
柔らかくて脂の乗りもちょうどいい鯵が美味しいです。

少し居眠りしたあと、
上野駅8:35発車して尾久駅を通過すると・・・
朽ちかけている客車が留置してあります。

doai103s_DSC00448.JPG

ブルートレインには一度乗車してみたかったですね(懐)

高崎駅10:15到着です。

doai104s_DSC00450.JPG

JR上越線の水上駅行きの電車へ乗り換えて、
高崎駅10:25発車します。

doai105s_DSC00453.JPG

水上駅11:29到着、長岡駅行きの電車へ乗り換えます。

doai106s_DSC00466.JPG

水上駅11:40発車するとすぐに、
SL(蒸気機関車)転車台広場を通過しますが、
見ていると快速「SLみなかみ」に乗車したくなりますね(笑)

doai107s_DSC00468.JPG

土合駅11:50到着、ここで下車します。

doai108s_DSC00477.JPG

土合駅の下りホームは地下70mにあるので、
この時期で、もうお昼近いですが寒いです。

doai109s_DSC00486.JPG

地上にある改札へ行くには、この長い階段を登ります(汗)

doai110s_DSC00473.JPG

土合駅は「日本一のモグラ駅」と呼ばれて、
合計486段の階段を登ったところに駅舎があるので、
下りホームから改札まで約10分かかります。

doai111s_DSC00489.JPG

階段には段数が記入されているので、
とりあえず、あとどれぐらいか目安にはなります(笑)

doai112s_DSC00490.JPG

階段の端には土のままのスペースがあって、
エスカレーターを造る予定でもあったのかな?

doai113s_DSC00491.JPG

途中、何箇所かに休むためのベンチがあります(汗)

doai114s_DSC00492.JPG

写真を撮りながらでしたが、
9分ほどで長い階段の出口が見えてきたので、
意外に早かったかな?

doai115s_DSC00498.JPG

なんて思ってたら、次は長い通路があります(汗)

doai116s_DSC00500.JPG

長い通路の下には川が流れていて、
殺風景な長い階段とは違って風景も楽しめます。

doai117s_DSC00506.JPG

長い通路の先には・・・
また階段がいくつか続きます(笑)

doai118s_DSC00508.JPG

486段、登り切りました(汗)

doai119s_DSC00509.JPG

あと17mで改札です。

doai120s_DSC00511.JPG

そして、改札に到着、
写真撮りながらなので14分かかりました。

doai121s_DSC00513.JPG

土合駅の上りホームは改札のすぐ近くにありますが、
JR上越線が単線だった頃は地上のホームを使っていて、
1967年(昭和42年)に新清水トンネルが開通して、
複線化したときに下りホームが地下に造られて、
上下のホームが大きく離れた駅になったとのことです。

無人駅ですが駅舎は立派な造りで、
待合室やトイレもあります。

doai122s_DSC00522.JPG

一度行ってみたかった土合駅ですが、
地下は秘密基地のようで面白かったです。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(96)  コメント(14) 

群馬県横川、レトロ列車の旅 その3:蒸気機関車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

「碓氷峠鉄道文化むら」で懐かしく、楽しんだあとは、
横川駅へ戻ります。

gunma301s_DSC07525.JPG

少し遅めのお昼ご飯ですが、
横川駅といえは「峠の釜めし」ですね!
「峠の釜めし」の、おぎのや本店へ行ってみます。

gunma302s_DSC07521.JPG

やっぱり混んでますね(汗)

横川駅の売店でも温かい「峠の釜めし」を売ってるので、
こちらでいただきます。

gunma303s_DSC07696.JPG

やっぱり、横川で食べる温かい「峠の釜めし」は格別です!
これを食べるのも今回の旅の楽しみのひとつです。

「峠の釜めし」をいただいて、横川駅のホームへ行くと、
行きに乗車した快速「ELレトロ碓氷」(高崎駅→横川駅)
が停車してます。

gunma304s_DSC07697.JPG

行きは電気機関車(EL):EF60 が牽引してましたが、
帰りは最後尾に連結していた蒸気機関車(SL):C61 が牽引して、
快速「SLレトロ碓氷14号」として運行します。

後ろからですが、EF60の前に連結している4号車は、
レトロ客車:スハフ32形です。

gunma305s_DSC07702.JPG

リベットや車両前後端の屋根の丸みなどがシブいですね。

3号車と2号車は、レトロ客車:オハ47形です。

gunma306s_DSC07705.JPG

乗車するのは2号車になります。

1号車は、レトロ客車:オハニ36形 です。

gunma307s_DSC07707.JPG

車両の半分が荷物室になっていて、
乗車はできないですが外から室内を見物できます。

そして、先頭のSL:C61 です。

gunma308s_DSC07732.JPG

のんびりとですが、力強く走るSLは迫力があって、
列車に乗車していて楽しいです。

かつて、碓氷峠越えの線路が続いていた、
横川駅のホーム端を歩きます。

gunma309s_DSC07745.JPG

すると・・・手押しの台車に乗せられて、
ちょっと、引っかかって苦戦しながら、
ゆるキャラが移動してきます(笑)

gunma310s_DSC07746.JPG

SL:C61 の整備が終わって、
横川駅14:15、黒煙を上げて発車します。

gunma311s_DSC07726.JPG

「峠の釜めし」を食べたばかりでお腹いっぱいなので、
車内販売のスペシャルミックスナッツで呑み鉄です。

gunma312s_DSC07749.JPG

高カロリーですけどね(汗)

安中駅14:51到着、8分の停車時間があるので、
駅のホームへ降ります。

gunma313s_DSC07761.JPG

SL:C61 は人気ですが、個人的には、
今回の目的はこっちのEL:EF60 です。

gunma314s_DSC07768.JPG

やっぱりシブいですね!
C61EF60も、まだまだ現役で頑張ってもらいたいです。

高崎駅15:18到着、ここでレトロ列車の旅は終わります。

gunma315s_DSC07774.JPG

10分ちょっとして、回送していく列車を見送ります。

gunma316s_DSC07783.JPG

gunma317s_DSC07801.JPG

約1時間の乗車時間は短いですが、また乗車したいです。

買い物をしてから、
高崎駅16:12発車の湘南新宿ラインの
グリーン車へ乗車して帰路になります。

gunma318s_DSC07822.JPG

「干し豚」と「和牛ビーフジャーキー」で呑み鉄開始です。

gunma319s_DSC02625.JPG

群馬の「干し豚」は柔らかくて、
叉焼のような味わいが好きです。

ちょうどいい苦みの地ビールのC61ビール
爽やかな旨みがある純米吟酒「醸水芭蕉」は、
「干し豚」と「和牛ビーフジャーキー」の塩味にマッチして、
美味しくいただきました。

新宿駅18:02到着、
ここから小田急ロマンスカーへ乗り換えます。

gunma320s_DSC07827.JPG

デパ地下で買った「本マグロにぎり弁当」で呑み鉄です。

gunma321s_DSC02627.JPG

湘南新宿ラインから小田急ロマンスカー、デパ地下弁当と、
帰路も楽しめました!

レトロ列車と「碓氷峠鉄道文化むら」
そして温かい「峠の釜めし」と、
ゆっくりのんびりと、また行きたいですね[わーい(嬉しい顔)]

nice!(81)  コメント(12) 

群馬県横川、レトロ列車の旅 その2:鉄道文化むら編 [旅・散歩-関東(北関東)]

高崎駅からJR信越本線の快速「ELレトロ碓氷」に乗車して、
レトロな客車と電気機関車(EL):EF60 を楽しんだあとは、
横川駅のすぐ隣にある「碓氷峠鉄道文化むら」へ向かいます。
http://www.usuitouge.com/bunkamura/

「碓氷峠鉄道文化むら」は旧鉄道施設を利用して、
碓氷峠を中心に、鉄道の歴史や車両の展示があります。

gunma201s_DSC07529.JPG

ゲートを入ると、特急電車:クハ189形と、
検修庫(検査や修理や整備する車庫)が目に入ります。

gunma202s_DSC07531.JPG

まず、クハ189形を見物します。

gunma203s_DSC07536.JPG

最近、鉄道模型(Nゲージ)の趣味が復活したので、
床下などの機器類に、視点が変わってきます(笑)

gunma204s_DSC07538.JPG

車内の見物もできます。

gunma205s_DSC07544.JPG

2015年5月に入園したときには、
運転台へも入れましたが、部品の盗難があったらしくて、
展示車両の多くは車内や運転席に入れなくなってます(悲)

検修庫の内部は鉄道展示館になっていて、
碓氷峠越えで活躍した電気機関車:EF63EF62 などが
展示されてます。

gunma206s_DSC07674.JPG

運転席も座れます。

gunma207s_DSC07684.JPG

運転シミュレーターもありますが、故障中でした(汗)

カットモデルもあって、内部も見物できます。

gunma208s_DSC07676.JPG

奥へ進むと、
鉄道関連の施設や碓氷峠の歴史などの展示があります。
(碓氷峠の鉄道の歴史は偉大ですよね!)

gunma209s_DSC07668.JPG

アプト式の電気機関車:ED42 の展示もあります。

gunma210s_DSC07670.JPG

アプト式の歯車など、台車の下部からも見物できます。

gunma211s_DSC07669.JPG

鉄道展示館を出て奥へ進むと、
野外展示場で沢山の車両があって壮観です!

gunma212s_DSC07662.JPG

一番手前に、蒸気機関車(SL):D51 が展示されてます。

gunma213s_DSC07552.JPG

このD51 96号機は、
煙突後ろのドームが伸びた「ナメクジ」といわれるタイプです。

D51の隣には、
主に常磐線で活躍した電気機関車:EF80 が展示されてます。

gunma214s_DSC07560.JPG

その隣は、
電気機関車:EF53(写真左)、EF63(写真右) が並んでます。

gunma215s_DSC07568.JPG

前後に大きなデッキがある旧型電気機関車は好きな形で、
EF53の他に、EF15EF59が展示されてます。

展示場の向かって左端には、
電気機関車:EF30(写真左)、EF58(写真右)が展示されてます。

gunma216s_DSC07573.JPG

一度も乗車することはありませんでしたが、
EF58が牽引する夜行急行列車は憧れでした。

旧型客車の展示もあります。

gunma217s_DSC07586.JPG

盗難防止のために今は車内には入れないので、
扉のガラス越しに車内を覗きます。

gunma218s_DSC07598.JPG

部品を盗難するとか、ほんとに迷惑ですよね(怒)

電気機関車:EF60EF65(500番台)や気動車:キハ20形 など、
他にも展示車両は沢山あります。

gunma219s_DSC07582.JPG

展示場の一番奥にある立ち入れないスペースには、
特急電車:189系や電気機関車:EF63が置いてあって、
行く度に朽ちてきているのが寂しい感じです(涙)

gunma220s_DSC07628.JPG

帰りには、鉄道資料館で展示資料や模型を見学して、
お土産コーナーで買物しました。

gunma221s_DSC07688.JPG

いつもついつい、ストラップを買ってしまいますね(汗)

gunma222s_DSC02652.JPG

これでまた、使ってないストラップが増えました(笑)

「碓氷峠鉄道文化むら」へ行くのは4度目ですが、
道模型(Nゲージ)の趣味が復活してからの今回は、
違った目線で、機器やパーツなどを楽しめました。

このあと、横川駅へ戻って帰路になります。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(78)  コメント(10) 

群馬県横川、レトロ列車の旅 その1:電気機関車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

仕事で忙しくて2月になってしまいましたが、
やっと、今年の初旅へ行けました(汗)

出発は2月10日(土)の早朝6時台で、
神奈川県内ではJR横浜駅なら駅弁が売ってるだろうと、
一旦、横浜駅に行きますが売ってませんでした(悲)

東京方面のホームで列車を待っていると、
寝台特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」が到着します。
また乗車したいですね(望)

gunma101s_DSC07374.JPG

このあとの横浜駅6:51発車の高崎駅行きの電車で、
高崎駅へ向かいます。

gunma102s_DSC07381.JPG

東京駅始発の電車がほぼなくなって、
通勤では厳しくなった東京上野ラインですが、
乗り換えなしで高崎駅へ行けるので、
休日は普通グリーン席780円で乗り換えなしなのが便利です。

gunma103s_DSC07380.JPG

呑み鉄は、お弁当が売ってなかったので、
「鎌倉どらやき」と「チーズ入りちくわ」です。

gunma104s_DSC02608.JPG

「鎌倉どらやき」はふんわり香ばしくて、
甘さ控えめの餡がずっしりと食べ応えがありました。

約2時間半の乗車で、品川駅-田町駅間の新駅や、
尾久駅近辺での高級寝台列車「四季島」の目撃がありましたが、
ほぼ寝ていて撮影する余裕なかったので省略します(汗)

高崎駅9:17到着、同じホームのJR八高線ホームを通って、
ホームの南側へ向かいます。

gunma105s_DSC07386.JPG

車庫から入線する、今回乗車予定のJR信越本線、
快速「ELレトロ碓氷」高崎駅→横川駅)
をホームの南側端で待とうと思いましたが、
既にファン・マニアが多くて断念して、
先に買い物を済ませます(汗)

gunma106s_DSC07387.JPG

電気機関車(EL):EF60 がレトロ客車を牽引して、
「ELレトロ碓氷」が入線します。

gunma107s_DSC07416.JPG

レトロでシブい列車ですね!

列車の最後尾には、
蒸気機関車(SL):C61 が連結されています。

gunma108s_DSC07401.JPG

SL:C61は、2013年6月以来の再会で、
帰りは快速「SLレトロ碓氷14号」(横川駅→高崎駅)
として運転するので楽しみです!

レトロ客車:オハ47 へ乗車します。

gunma109s_DSC07431.JPG

懐かしい座席(クロスシート)とテーブルです。

gunma110s_DSC07432.JPG

高崎駅9:47発車、SLの汽笛を聞きながら、
「上州D51弁当」で呑み鉄開始です!

gunma111s_DSC07442.JPG

今回の列車に連結されてるのはSL:C61なので、
「SLロクイチ物語弁当」だろうとも思いますが、
榛名豚叉焼や鶏肉焼き、海老、椎茸などなど沢山の具材と、
石炭をイメージした竹炭で色付けした黒いごはんと、
「上州D51弁当」の方が好みです(汗)

プラスチック製の容器と箸はしっかりできたもので、
旅の思い出に持ち帰りたいですが、
行きは荷物になるので捨ててしまいました(泣)

高崎駅を発車するとすぐにイベントがあって、
スクラッチカードが配られます。

gunma112s_DSC07444.JPG

もちろん、ハズレです(笑)
(当たる確率は10%ほどと説明がありました)

安中駅10:04到着、ここで8分ほど停車時間があるので、
駅のホームへ降ります。

gunma113s_DSC07454.JPG

安中駅といえば、
東邦亜鉛安中精錬所の大きな工場が印象的です。

gunma114s_DSC07456.JPG

安中駅10:12発車、13分ほどで磯部駅に到着すると、
まだ雪が残ってました。

gunma115s_DSC07470.JPG

1時間ほどのレトロ列車の旅はあっという間で、
終着駅の横川駅10:49到着、
ゆっくりと走る列車と、
昔ながらのレトロ客車を楽しめました。

gunma116s_DSC07489.JPG

扉も手動のレバーなので、レトロ感があります。

gunma117s_DSC07753.JPG

横川駅のホームへ降りると、
地元高校生が和太鼓の演奏で歓迎してくれます!

gunma118s_DSC07498.JPG

「ELレトロ碓氷」を牽引するEL:EF60ですが、
今は昭和37年(1962年)製造の、
この19号機のみが動態保存されていて、
イベント列車に活躍してます。

gunma119s_DSC07502.JPG

帰りは、列車の最後尾に連結されていたSL:C61 が、
レトロ列車を牽引して走ります。

gunma120s_DSC07507.JPG

SL:C61の方が人気で人が集まってますが、
個人的には動くEL:EF60を見るのが最大の目的でした。

しばらく、横川駅ホームでの撮影をしてから、
「碓氷峠鉄道文化むら」へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(85)  コメント(6) 

水上へ、レトロSL列車の旅 その4:帰りもSL乗車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

水上での散歩から水上駅へ戻って、
ホームでレトロ客車を眺めます。

minakami401s_DSC03287.JPG

水上駅の構内では、今は使われてない?
昔ながらの引き込み線の風景が見ることができます。

minakami402s_DSC03311.JPG

国鉄全盛時代には特急、急行が行きかっていて、
引き込み線はフル稼働だったんでしょうねぇ(懐)

minakami403s_DSC03312.JPG

14:50ごろ、SL:D51が入線します。

minakami404s_DSC03309.JPG

一旦、ホームを通過したSL:D51は、後退して戻ってきます。

minakami405s_DSC03319.JPG

レトロ客車と連結します。

minakami406s_DSC03358.JPG

高崎駅と違って人混みがなくていいですね。

帰りも快速「SLレトロみなかみ」に乗車して水上駅15:20発車、
ゆるキャラ「おいでちゃん」が見送ってくれます(笑)

minakami407s_DSC03366.JPG

みなかみ干豚をおつまみに、日本酒「谷川岳」で呑み鉄開始です!

minakami408s_DSC03368.JPG

みなかみ干豚はポークジャーキーですが、
硬くなくて食べやすくて、甘味が美味しくて、
チャーシューに近い感じの味でお酒がすすみます(笑)

源水吟醸「谷川岳」は、やさしい甘さと口当たりで、
すっきり呑みやすい日本酒です。

おやつにはやっぱり、スジャータのバニラアイスですね(笑)

minakami409s_DSC03370.JPG

渋川駅16:21到着、ここから乗車する乗客も多いです。

minakami410s_DSC03376.JPG

ここで特急「草津4号」へ乗り換えです。

minakami411s_DSC03387.JPG

渋川駅16:26発車、終着駅の上野駅まで、
ゆったりと一人座席のグリーン車へ乗車します。

minakami412s_DSC03389.JPG

座席に座ると、何か違和感が・・・お土産がない!
「SLレトロみなかみ」の網棚に乗せたままでした(痛)

お土産を諦めるのは勿体ないし、駅員さんへも迷惑になるので、
次の停車駅、新前橋駅で下車して、
「SLレトロみなかみ」に再び乗車することにしました・・・
10分ほどのグリーン車の夢でした(悲)

minakami413s_DSC03394.JPG

「SLレトロみなかみ」が新前橋駅16:55到着します。

minakami414s_DSC03408.JPG

再び「SLレトロみなかみ」へ乗車、
指定席券は渋沢駅まででも高崎駅まででも同じ料金なので、
高崎駅まで買っておいてよかったです(汗)

minakami415s_DSC03419.JPG

高崎駅17:13到着、
網棚に忘れたお土産も無事に回収できました(汗)

minakami416s_DSC03420.JPG

高崎駅でSL:D51を見送ります。

minakami417s_DSC03440.JPG

高崎駅17:33発車の快速「アーバン」へ乗車して帰路になります。

minakami418s_DSC03450.JPG

ほんとは特急のグリーン車でゆったりと、
1時間は早く帰れたはずですので残念ですが、
忘れ物で再びSL列車に乗車できて、
終着駅での雰囲気を楽しめたのは良しとします(汗)

今回は水上駅への往復だけの旅でしたが、
まったりSL列車と呑み鉄、水上での散歩と、
のんびりと楽しめた旅でした[わーい(嬉しい顔)]

水上へ、レトロSL列車の旅 その3:水上散歩編 [旅・散歩-関東(北関東)]

快速「SLレトロみなかみ」の旅をのんびり楽しんで、
水上駅での転車台、SLのメンテ風景を見物したあとは、
温泉街へ向かって歩きます。

minakami301s_DSC03201.JPG

水上駅前の通りから、利根川沿いの遊歩道へ降ります。

minakami302s_DSC03208.JPG

途中、前回来たときにも通行禁止だった吊り橋が、
そのまま朽ちてます(汗)

minakami303s_DSC03206.JPG

遊歩道では利根川上流の眺めが楽しめます。

minakami304s_DSC03215.JPG

水上駅から10分ほど歩くと、水上の街と温泉街に入ります。

minakami305s_DSC03216.JPG

この日は、行けるところまで歩こうと思ってたので、
水上の街をさらに奥へ(南側)行って、
諏訪峡遊歩道を歩きます。

minakami306s_DSC03219.JPG

結構暑い日でしたが、
利根川のすぐ側を歩いていると清涼感があります。

minakami307s_DSC03228.JPG

水上駅から歩いて25分ほどで、広い公園が出現します。

minakami308s_DSC03223.JPG

この公園から道路側は、道の駅「水紀行館」があります。
http://www9.wind.ne.jp/mizukikou/frame.htm

minakami309s_DSC03244.JPG

川岸には、公園と利根川を見下ろせる足湯があって、
ゆっくり休めます。

minakami310s_DSC03236.JPG

足湯でひと休みしたあと、
お土産や美味しいもの(お酒)がないか物色します。

minakami311s_DSC03247.JPG

駐車場の奥へと進むと、
朽ちてますが、電気機関車:EF16 が展示されてます。

minakami312s_DSC03242.JPG

長い間お疲れ様でした(心の声)

再び公園へ戻って、
バンジージャンプで有名な諏訪峡大橋まで行きたかったですが、
時間も微妙なので、水上駅へ戻ることにしました。

minakami313s_DSC03248.JPG

水上駅まで、JR上越線を見上げながら歩きます。

minakami314s_DSC03250.JPG

水上駅に到着すると、この時間は人が少ないので、
SL転車台広場へ寄って少し散歩します。

minakami315b_DSC03271.JPG

そのあとは駅前に商店街でお土産など買い物をして、
水上駅へ向かいます。

minakami316s_DSC03278.JPG

水上駅から歩いて行けるのは温泉街ぐらいかと思ってましたが、
遊歩道や公園、道の駅、もう少し足を延ばせば諏訪峡大橋など、
見どころやスポットを楽しめました!

水上での散歩のあとは、
帰りも「SLレトロみなかみ」へ乗車になります。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

水上へ、レトロSL列車の旅 その2:SL乗車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

高崎駅から快速「SLレトロみなかみ」へ乗車して、
次の駅の新前橋駅を10:14発車すると、
車窓からの風と、風景をのんびりと楽しむ、
SL列車の旅になります。

渋川駅10:34到着、これから勾配を登るための、
SL:D51のメンテで26分ほど停車します。

minakami201s_DSC03007.JPG

この日は、
高崎駅舎などが開業して35周年のイベントで、
限定ヘッドマークを付けてたからでしょうか、
沿線での撮影(撮り鉄さん)も多かったです。

minakami202s_DSC03014.JPG

自分的には、偶然にこの日に、
「SLレトロみなかみ」に乗車したので、
限定ヘッドマークの列車で運が良かったのかな?

渋川駅での停車時間の間、
10:38に特急「草津31号」が到着します。

minakami203s_DSC02986.JPG

そのあと、10:49発車の水上行の列車が到着して、
「SLレトロみなかみ」を追い越していきます。

minakami204s_DSC02992.JPG

SL列車に乗車して、
懐かしい国鉄色(湘南色)の国鉄時代の電車(115系)
に出会えるのは嬉しい演出ですね。

minakami205s_DSC02998.JPG

長い停車時間で記念撮影したり、
駅のホームで即席のお店で買い物できるのも、
SL列車の楽しみでもあります。

minakami206s_DSC03025.JPG

駅のホームでぶらぶらしながら、
レトロ客車:オハニ36の荷物室を覗いてみます。

minakami207s_DSC03003.JPG

渋川駅11:00発車、
しばらくすると利根川上流の風景が続きます。

minakami208s_DSC03043.JPG

そういえば、車内イベントでは、
「限定グッズ争奪じゃんけん大会」がありましたが、
今はSLスクラッチカードに変わったようです。

minakami209s_DSC01955.JPG

全乗客参加での盛り上がり感は少ないですが、
ハズレでも、スクラッチカードは手元に残るので、
思い出にはなりますね(汗)

沼田駅11:28到着、6分ほど停車しますが、
渋川駅で下車する乗客が多かったのもあって、
ホームへ降りる乗客は少なかったので、
記念撮影の狙いどころでもあります。

minakami210s_DSC03061.JPG

後閑駅11:43到着すると、
前方には雪をかぶった谷川岳が見えます。

minakami211s_DSC03066.JPG

そして、終着駅の水上駅12:03到着、
約2時間の「SLレトロみなかみ」の旅が終わります。

minakami212s_DSC03069.JPG

水上駅では、
「SLレトロみなかみ」の余韻に浸る時間もなく、
徒歩3分ほどのSL転車台広場へ急ぎます。

minakami213s_DSC03075.JPG

少し朽ちてますが、ここにもSL:D51が展示されてます。

水上駅に到着した「SLレトロみなかみ」は、
数分後にはSL:D51は切り離されて、
一旦引込み線へ移動してからバックで転車台へ向かいます。

minakami214s_DSC03086.JPG

転車台に入って方向転換します。

minakami215s_DSC03101.JPG

この「転車台ショー」で、
ゆっくり回転するSLが見れるのも魅力ですね。

minakami216s_DSC03113.JPG

おや?もう1周回転してサービスで1回転半、
鉄道マンの粋なサービス、素晴らしいです!

minakami217s_DSC03129.JPG

方向転換したSL:D51は引込み線へ戻ります。

minakami218b_DSC03150.JPG

そしてまた、引込み線から整備スペースへ移動してきます。

minakami219s_DSC03170.JPG

SLの整備が間近に見れるのも嬉しいサービスですね。

minakami220s_DSC03185.JPG

しばらく、整備中のSLを見物します。

minakami221s_DSC03195.JPG

SLを楽しんだあとは、水上の街へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

水上へ、レトロSL列車の旅 その1:高崎駅編 [旅・散歩-関東(北関東)]

2月の河津桜の花見から、京都、会津と青森での花見、日光と、
ここ最近は混雑しているところへの旅が続いたので、
まったりとSL(蒸気機関車)列車で水上へ行くことにしました。

出発は5月27日、
東京駅8:04発車のJR上越新幹線「Maxたにがわ403」です。

minakami101s_DSC01892.JPG

2階建て新幹線:E4系 は2018年度以降、
E7系へ更新されて引退していくというので、
この車輛に乗車するのも目的です。

軽めに「肉の万世 ヒレかつサンド」で呑み鉄です。

minakami102s_DSC02876.JPG

「肉の万世 ヒレかつサンド」ですが、
やわらかいヒレ肉と濃厚なソースがお酒にも合いますね!

地面に近いところを走るスピード感と、
「キーン」という風切り音と、
床面からの「ゴー」という振動は、
2階建て新幹線の1階席の特徴ですね。

minakami103s_DSC02883.JPG

高崎駅9:01到着、
トイレとお弁当の買い物を済ませて、
JR上越線のホームへ降りると、
ちょうどSL:D51が入線するところで、
ギリギリで撮影できました(汗)

minakami104s_DSC02884.JPG

この日は、今の高崎駅舎などが開業して35周年の
「TAKASAKI STATION 35th ANNIVERSARY」
というイベントが開催されていたので、
早めの入線だったようです。

minakami105s_DSC02913.JPG

イベントなので、だるまの駅員さんがいます(笑)

minakami106s_DSC02915.JPG

SL:D51は一旦整備などで停車します。

minakami107b_DSC02908.JPG

9:30ごろ、SL:D51はホームへ入るため移動します。

minakami108s_DSC02921.JPG

このあと客車が入線するので、
JR八高線のホームの先(南側)へ急ぎます。

minakami109s_DSC02931.JPG

ホームの先端から眺めると、
遠くにレトロ客車が見えます。

minakami110s_DSC02933.JPG

9:38ごろ、レトロ客車が入線します。

minakami111s_DSC02937.JPG

レトロ客車が目の前を通ります。

minakami112s_DSC02939.JPG

レトロ客車を押してきたディーゼル機関車:DE10 と、
客車との画もいい感じです。

minakami113s_DSC02941.JPG

SL:D51とレトロ客車との連結ですが、
イベントだけあって人が多すぎです(汗)

minakami114s_DSC02955.JPG

快速「SLレトロみなかみ」の客車:オハ47
へ乗車します。

minakami115s_DSC02963.JPG

レトロな雰囲気がいいですね!

昔ながらの座席です。

minakami116s_DSC02954.JPG

そんなに混雑はしてないので、
一人でボックス席を占有して、ゆったりできました!

レトロ客車は、ドアのロックは自動ですが、
レバーを手で回して開閉します。

minakami117s_DSC03068.JPG

もちろん!冷房なんてないので、
窓から入る風と、扇風機の風を楽しみます(汗)

minakami118s_DSC02978.JPG

高崎駅9:56発車、
快速「SLレトロみなかみ」の汽笛を聞きながら、
「上州D51弁当」で呑み鉄開始です♪

minakami119s_DSC02969.JPG

「上州D51弁当」は、やや量は少ない感じですが、
榛名豚チャーシュー、鶏肉、海老、椎茸や筍の煮物などなど、
おかずの種類が多くて楽しめて、
石炭をイメージした竹炭で黒くしたご飯も美味しいです。

新前橋10:09到着、窓からの風が気持ちいいです!

minakami120s_DSC02977.JPG

これから、のんびりとSL列車の旅を楽しみます。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


春の日光散歩 その3:二荒山神社編 [旅・散歩-関東(北関東)]

滝野神社まで歩いて、パワーをいただいたあとは、
再び日光東照宮へ戻りますが、更に混雑は増してました(汗)

このあとの予定もあるので、この日は東照宮は諦めて、
日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)へ向かいます。

nikko301s_DSC02710.JPG

鳥居から階段を登って神門を入ります。

nikko302s_DSC02717.JPG

東照宮の混雑の影響もあって、
二荒山神社の拝殿も大行列です(汗)

nikko303s_DSC02721.JPG

行列の横をすり抜けて、
大国様に金運のお願いをしながら歩きます。

nikko304s_DSC02722.JPG

前回(2016年12月)に行ったときには拝観しなかったので、
今回は拝観します。

nikko305s_DSC02725.JPG

入ってすぐの左側に日枝神社があります。

nikko306s_DSC02728.JPG

神輿舎です。奥にはご神木も見えます。

nikko307s_DSC02768.JPG

神輿舎には、キラキラの神輿があります。

nikko308s_DSC02733.JPG

その奥には、学問と知恵の神様が祀られている、
朋友神社(みともじんじゃ)があります。

nikko309s_DSC02739.JPG

樹齢550年の神木の「御神木胎内くぐり」です。

nikko310s_DSC02742.JPG

ここをくぐると良縁が叶うようです。

更に奥には、二荒霊泉(ふたられいせん)があって、
知恵がつく「知恵の水」、目の病気に効く「酒の水」、
若返りの「若水」があります。

nikko311s_DSC02744.JPG

男体山などの日光の山々を模した岩もあって、
そこに「良い縁の剣」が刺さってます。

nikko312s_DSC02748.JPG

この剣に映った自分の写真を撮ると、
良い縁に恵まれるそうです。

二荒山神社ですが、拝観料200円で楽しめるので、
ここもオススメのパワースポットです。

二荒山神社での散歩のあとは、JR日光駅へ向かいます。

nikko313s_DSC02791.JPG

JR日光線へ乗車するのではなくて、
前回は工事中だった、古い駅舎の見物で立ち寄りました(汗)

そのあとは東武日光駅から、
14:23発車の特急「リバティけごん32号」に乗車します。

nikko314s_DSC02795.JPG

特急「リバティけごん32号」ですが、
下今市駅までは着席しなければ特急券なして乗車できるので、
デッキで立ってでの「リバティ」初乗車です(汗)

nikko315s_DSC01866.JPG

下今市駅で東武鉄道日光線から鬼怒川線へ乗り換えですが、
途中で踏切での安全確認があって遅れて到着
ダッシュで下今市駅14:34発車の列車へ乗車したので、
「リバティ」の撮影どころではありませんでした(汗)

ダッシュして喉も乾いたし、車内は空いていたので、
日光の商店街で買った地酒「霧降(きりふり)」で呑み鉄です。

nikko316s_DSC02807.JPG

「霧降」は純米大吟醸酒で、フルーティな爽やかな香りですが、
酸味も旨味もバランスが良くて、
おつまみ無しでも美味しくいただけました。

鬼怒川温泉駅14:57到着すると、前方に金色の列車が!

nikko317s_DSC02814.JPG

そうです、「日光詣スペーシア」へ乗車するのが、
この旅の最後の目的です。

nikko318s_DSC02827.JPG

鬼怒川温泉駅15:07発車の特急「スペーシアきぬがわ6号」で、
鬼怒川の眺めを楽しみながら帰路になります。

nikko319s_DSC02832.JPG

夕食には早いですが、我慢できないので、
「日光杉並木弁当」で呑み鉄になります(笑)

nikko320s_DSC02830.JPG

「日光杉並木弁当」ですが、
ゆばや鶏肉の照り焼きなどなど、おかずも沢山あって、
椎茸の炊き込みご飯も美味しくて、
2段で量にも満足するお弁当です。

新宿駅17:19到着、
満席で窓側席だったので身動きできず、
車内は見てまわれませんでした(汗)

nikko321s_DSC02861.JPG

今回は東照宮へは行かなくても、充分に楽しめる日光の旅でした!

さて、日光のご利益ですが・・・
前回行ったあとは年末ジャンボ宝くじ40枚購入で5等(3,000円)、
今回はドリームジャンボ宝くじ40枚購入で4等(3,000円)、
と確率的には当たってる方なので、次も期待して、
まだまだ観たいところもあるので、また行きたいと思います[わーい(嬉しい顔)]

春の日光散歩 その2:滝尾神社編 [旅・散歩-関東(北関東)]

この日、激混みだった日光東照宮を避けて、
日光東照宮の向かって右側から、裏手の山道を進みます。

nikko201s_DSC02599.JPG

日光東照宮の入口から10分ほど歩くと、
重要文化財の開山堂があります。

nikko202s_DSC02604.JPG

堂内には約4.5mの地蔵菩薩や、
日光開祖の勝道上人とその十大弟子の木像が
安置されているそうです。

開山堂の隣には観音堂(産の宮)があります。

nikko203s_DSC02615.JPG

「香車堂」「将棋っ駒」という別名があって、
将棋の駒の香車が戻らずに直進する駒なので、
妊婦がこの駒を借りて帰って自宅の神棚に祀ると、
無事出産できるといわれてます。

開山堂の裏側には仏岩があります。

nikko204s_DSC02609.JPG

岸壁のくぼみにには6体の石像が並んでいて、
梵天・帝釈天と四天王のうちの三体、不動明王です。

開山堂から歩いて数分のところには北野神社があります。

nikko205s_DSC02621.JPG

学問の神、菅原道真が祀られている小さな神社です。

nikko206s_DSC02624.JPG

歩き難い石段の山道を登りますが、
人が少なくて静かで自然の空気を満喫できます。

nikko207s_DSC02627.JPG

山道の途中には、
関ヶ原の合戦で徳川家康が乗った名馬、
神馬(しんめ)の碑があります。

nikko208s_DSC02630.JPG

北野神社から10分ちょっとで白糸の滝に到着します。

nikko209s_DSC02633.JPG

白糸の滝のすぐ先に、
滝尾(たきのお)神社の参道があります。

nikko210s_DSC02634.JPG

階段を登って参道を歩いていると、
途中に影向石(ようごうせき)があります。

nikko211s_DSC02640.JPG

弘法大師がここから神霊の降下を祈願したところ、
美しい女神が姿を現したといわれてます。

さらに参道を進むと、
重要文化財の運試しの鳥居があります。

nikko212s_DSC02642.JPG

鳥居の真ん中の穴に小石を3つ投げて、
穴を通った数で運試しができます。

運試しの鳥居を通るとすぐに楼門(重要文化財)です。

nikko213s_DSC02654.JPG

自然の中に調和して、独特の雰囲気があります。

こちらも重要文化財の本殿唐門(からもん)です。

nikko214s_DSC02657.JPG

奥へ進むと、滝尾稲荷神社があります。

nikko215s_DSC02659.JPG

朝のお供えを忘れると、
稲荷の神が化けて出て催促したという伝説があるそうです。

滝尾稲荷神社に向かって右側にある無念橋を渡ります。

nikko216s_DSC02661.JPG

歳の歩数で渡ると女峰山頂の奥宮まで登ったことになって、
願いが叶えられるといわれて「願い橋」とも呼ばれてます。

無念橋の先には、御神木の三本杉があります。

nikko217s_DSC02668.JPG

滝尾稲荷神社に向かって左へ行くと、
日光の三霊泉の一つの酒の泉があります。

nikko218s_DSC02670.JPG

その先には、子種石があります。

nikko219s_DSC02673.JPG

「子供が授かるように、また安産でありますように」と、
この霊石に祈れば霊験があるといわれてます。

nikko220s_DSC02676.JPG

ここで昼食の代わりに、
東武日光駅からの商店街で買っておいた、
湯沢屋さんの酒饅頭をいただきます。

nikko221s_DSC02689.JPG

もちもちで香りのいい酒饅頭は、
自然の中で食べると美味しさも倍増ですね!

混みあってる日光東照宮とは対照的に、
人も少なくて静かなパワースポットの滝尾神社は、
自然の中の独特の雰囲気も楽しめて、
オススメのパワースポットです。

このあと、山道を戻って、
再び日光東照宮へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

前の10件 | 次の10件 旅・散歩-関東(北関東) ブログトップ