So-net無料ブログ作成

DAC:RDD-06とインシュレータ:IS-10 [オーディオ]

昨年7月から、USB DAC:ROTEL RDD-06
http://www.rotel.co.jp/item_list1.html
を使ってますが、
底面のゴム足の構造が単純すぎて気になってました。

rdd0601.jpg

rdd0602.jpg

プリメインアンプ:Technics SU-V90D
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-v90d.html
の上に置いているので、
アンプのインシュレータもあるし、
激しく振動するほどスピーカー鳴らせる環境でもないし、
と思いましたが、やっぱり気になるので、
インシュレータ:KRIPTON IS-10
http://www.kripton.jp/fs/kripton/insulator/is-10
を購入してみました(汗)

rdd0603.jpg

小さいですが重量感もあって、
上面と底面にシリコンゴムのリングもあって、
動き難い構造になってます。

rdd0604.jpg

IS-10を設置する前はこんな感じです。

rdd0605.jpg

IS-10を設置したら、
RDD-06は少し浮き上がり見た目はいいカッコイイです(笑)

rdd0606.jpg

さて、音の方ですが、
僅かに低音域が少なくなってヌケが良くなったかな?
と、最初に聴いたときは感じましたが、
暫くしてIS-10を外してみても変わらないので、
自分の耳では、違いはわからないです(汗)

※環境
 ①USB DAC:RDD-06
  ↓
 ②ヘッドホンアンプ:Sound ValveX/SE
  ↓
 ③ヘッドホン:GRADO RS1i
  http://www.h-navi.net/rs1i.php


インシュレータですから、
スピーカーで大音量で鳴らして振動する環境とか、
自ら振動する機器なら、
違いがわかるような効果はあると思いますが、
基本的にはヘッドホンで聴いてるので、
違いがわからないのかも?

とりあえず、
気になっていたことがクリアできたのは、
良かったかな?と思います[ふらふら]

KRIPTON/クリプトン IS-10 ハイカーボンスチール・インシュレータ

KRIPTON/クリプトン IS-10 ハイカーボンスチール・インシュレータ

  • 出版社/メーカー: KRIPTON
  • メディア: エレクトロニクス

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

  • 出版社/メーカー: ROTEL(ローテル)
  • メディア: エレクトロニクス

RS1i

RS1i

  • 出版社/メーカー: GRADO
  • メディア: エレクトロニクス