So-net無料ブログ作成

土合駅散歩 その1:もぐら駅体験編 [旅・散歩-関東(北関東)]

今年の夏はかなり暑くなりそうで、
まとまった休みもとれずに宿泊で旅もできないので、
本格的に暑くなる前にと思って、
6月23日(土)にJR上越線土合駅まで行ってきました。

まず、上野東京ライン快速「アーバン」に乗車して、
高崎駅へ向かいます。

doai101s_DSC00443.JPG

上野東京ライン湘南新宿ラインは、
グリーン料金で780円でどこまでも行けて便利ですね!

ゆったりと「伝承 鯵の押寿し」で呑み鉄です(酔)

doai102s_DSC00442.JPG

「伝承 鯵の押寿し」は神奈川定番駅弁のひとつで、
酢と甘さのバランスが良く、
柔らかくて脂の乗りもちょうどいい鯵が美味しいです。

少し居眠りしたあと、
上野駅8:35発車して尾久駅を通過すると・・・
朽ちかけている客車が留置してあります。

doai103s_DSC00448.JPG

ブルートレインには一度乗車してみたかったですね(懐)

高崎駅10:15到着です。

doai104s_DSC00450.JPG

JR上越線の水上駅行きの電車へ乗り換えて、
高崎駅10:25発車します。

doai105s_DSC00453.JPG

水上駅11:29到着、長岡駅行きの電車へ乗り換えます。

doai106s_DSC00466.JPG

水上駅11:40発車するとすぐに、
SL(蒸気機関車)転車台広場を通過しますが、
見ていると快速「SLみなかみ」に乗車したくなりますね(笑)

doai107s_DSC00468.JPG

土合駅11:50到着、ここで下車します。

doai108s_DSC00477.JPG

土合駅の下りホームは地下70mにあるので、
この時期で、もうお昼近いですが寒いです。

doai109s_DSC00486.JPG

地上にある改札へ行くには、この長い階段を登ります(汗)

doai110s_DSC00473.JPG

土合駅は「日本一のモグラ駅」と呼ばれて、
合計486段の階段を登ったところに駅舎があるので、
下りホームから改札まで約10分かかります。

doai111s_DSC00489.JPG

階段には段数が記入されているので、
とりあえず、あとどれぐらいか目安にはなります(笑)

doai112s_DSC00490.JPG

階段の端には土のままのスペースがあって、
エスカレーターを造る予定でもあったのかな?

doai113s_DSC00491.JPG

途中、何箇所かに休むためのベンチがあります(汗)

doai114s_DSC00492.JPG

写真を撮りながらでしたが、
9分ほどで長い階段の出口が見えてきたので、
意外に早かったかな?

doai115s_DSC00498.JPG

なんて思ってたら、次は長い通路があります(汗)

doai116s_DSC00500.JPG

長い通路の下には川が流れていて、
殺風景な長い階段とは違って風景も楽しめます。

doai117s_DSC00506.JPG

長い通路の先には・・・
また階段がいくつか続きます(笑)

doai118s_DSC00508.JPG

486段、登り切りました(汗)

doai119s_DSC00509.JPG

あと17mで改札です。

doai120s_DSC00511.JPG

そして、改札に到着、
写真撮りながらなので14分かかりました。

doai121s_DSC00513.JPG

土合駅の上りホームは改札のすぐ近くにありますが、
JR上越線が単線だった頃は地上のホームを使っていて、
1967年(昭和42年)に新清水トンネルが開通して、
複線化したときに下りホームが地下に造られて、
上下のホームが大きく離れた駅になったとのことです。

無人駅ですが駅舎は立派な造りで、
待合室やトイレもあります。

doai122s_DSC00522.JPG

一度行ってみたかった土合駅ですが、
地下は秘密基地のようで面白かったです。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(96)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行