So-net無料ブログ作成

遅過ぎた夏休みの四国の旅 その8:鉄分編 [旅・散歩-四国]

宇和島城を見物したあとは宇和島駅へ戻ります。

shikoku801s_DSC06431.JPG

予定している列車まで30分ほど時間があるので、
線路沿いを歩いていきます。

shikoku802s_DSC06432.JPG

5分ほど歩くと、車両基地が見えてきます。

shikoku803s_DSC06434.JPG

JR四国発足30周年記念イベントの準備でしょうか?
テントが張られてます。

更に歩くと、(朽ちてきている)古い車庫があります。

shikoku804s_DSC06436.JPG

その奥には転車台があります。

shikoku805s_DSC06440.JPG

今も残っている、この鉄道のある風景は、
宇和島駅に行ったら見ておきたいですが、
30分の時間では急ぎ足でぎりぎりってところです(汗)

ここの周りには桜の木があるので、
桜の季節にも見てみたいですね。

宇和島駅へ戻って、
JR予讃線の特急「宇和海18号」へ乗車します。

shikoku806s_DSC06455.JPG

座席は3号車の指定席ですが・・・

shikoku807s_DSC06461.JPG

この車両は前半分が指定席、後半分が自由席で、
指定席にはシートに書いてあって、
JR四国の特急はこのパターンの指定席が多いです。

shikoku808s_DSC06488.JPG

宇和島駅13:58発車、
前日(11月2日)に続いて先頭車両の一番前の座席です!

shikoku809s_DSC06463.JPG

遅くなった昼食は、
田中鮮魚店の「手押しじゃこてん」で呑み鉄です(酔)

shikoku810s_DSC06465.JPG

新鮮だからでしょうか、ふわっとして、旨みがあって、
お酒によく合います。

おやつの時間も近いので、
高知駅で買った「塩けんぴ」もいただきます(笑)

shikoku811s_DSC06469.JPG

「塩けんぴ」はカリカリと食感がよくて、
塩味と甘味とのバランスが絶妙で、
さっぱりと美味しくいただけますが、
ついつい食べすぎて、高カロリーを摂取です(汗)

車窓から宇和海を後にします。

shikoku812s_DSC06471.JPG

伊予大洲駅14:43到着する直前に見える、
大洲城の眺めがきれいです。

shikoku813s_DSC06484.JPG

終着駅の松山駅15:18到着、1時間20分の乗車時間で、
宇和島城へ急ぎ足で往復した疲れを休めました。

shikoku814s_DSC06490.JPG

松山駅に到着すると、撮影タイムになります(笑)

shikoku815s_DSC06498.JPG

2014年から営業運転が始まった、
8600系電車へも乗車したいですねぇ。

shikoku816s_DSC06499.JPG

松山駅からは、
伊予鉄道の路面電車へ乗り換えます。

shikoku817s_DSC06502.JPG

道後温泉行きの、みかん色の路面電車が到着します。

shikoku818s_DSC06509.JPG

路面電車へ乗車して、発車してすぐに、
ダイヤモンドクロスと呼ばれている、
伊予鉄道の郊外電車と路面電車がクロスする、
珍しい踏切があります。

shikoku819s_DSC06933.JPG

松山駅前から13分ほどの大街道で下車して、
一旦、宿泊するホテルへ向かいます。

shikoku820s_DSC06513.JPG

ホテルの部屋に荷物を置いて、
前回(2016年2月)に行ったときは雨で断念した、
松山城へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(72)  コメント(6)