SSブログ

桜を追って秋田・青森の旅2024年 その14:リゾートしらかみ完走 後編 [旅・散歩-東北(北東北)]

旅の3日目(2024年4月14日)最終日、
早朝の千秋公園(久保田城跡)で花見をして、
秋田駅からJR奥羽本線・五能線を走る、
快速「リゾートしらかみ1号」に乗車した
続きになります。

秋田駅8:19発車の観光列車、
快速「リゾートしらかみ1号」に乗車して、
ウェスパ椿山駅10:38到着するまでが
前回の記事でした。

実は、秋田駅からの乗客の半分ほどが、
外国人観光客(特に某国人)で、
展望スペースなどの共有場所を占拠したり、
通路で立ったまま会話して邪魔だったり、
デッキで集まって大声で会話していたり、

落ち着ける雰囲気ではありませんでした(汗)

この旅はどうなるのかと思っていたら、
ウェスパ椿山駅でぞろぞろと下車していって、
ウェスパ椿山駅を発車すると、
車内は"普通"に静かになりました(笑)

ということは・・・
不老ふ死温泉は外国人に人気なのでしょうね、
数年は行きたくなくなりました(笑)


ウェスパ椿山駅を発車した
「リゾートしらかみ1号」は、
深浦駅10:52到着、6分ほど停車するので、
外の空気を吸いにホームへ降ります。

akitaE01s_DSC00108.JPG

写真でも見えますが、
深浦駅も海に近い駅です。

自分の座席の後ろの席は、
外国人ご家族(恐らく台湾の方)3名でしたが、
通路で当たっても頭を下げて礼儀正しく、
静かに会話をしてモラルもある、
歓迎すべき外国人観光客なので、
こちらから声をかけて家族写真を撮影します。
(座席の転換なども手伝いました)

しばらくすると、秋田駅行の
「リゾートしらかみ2号」が到着します。

akitaE02s_DSC03071.JPG

このときの「リゾートしらかみ2号」は、
「青池」編成(HB-E300系)での運転です。

akitaE03s_DSC03073.JPG

他に、
乗車している「リゾートしらかみ1号」
「ブナ」編成(HB-E300系)と、
キハ48形気動車を改造した
「くまげら」編成があります。

深浦駅10:58発車すると「大岩」が見えます。

akitaE04s_DSC03078.JPG

「大岩」は陸から細い歩道で歩いて渡れて、
トンネルや岩を登ると展望台があります。

深浦駅から歩いて10分もかからずに行ける、
迫力と絶景の観光スポットです。

深浦駅を発車して3分後ぐらいには、
2回目の徐行運転で、海岸の景観が楽しめます。

akitaE05s_DSC03080.JPG

そのあとは、
(外国人に占拠されていた)展望スペース
も空いたので前面展望を楽しみます。

akitaE06s_DSC03097.JPG

「リゾートしらかみ1号」は残念ながら、
千畳敷駅を通過します。

akitaE07s_DSC03104.JPG

千畳敷駅で停車して千畳敷海岸の散策や、
イベントが開催されるという意味で、
「リゾートしらかみ」は、
2号、3号がオススメです。

ここで、
地元の方々が乗り込んで車内販売する、
「ふれあい販売」で、
「りんごどら焼き」を買います。

akitaE08s_20240414_112449.JPG

「りんごどら焼き」は、
3個セットで税込500円とお手頃価格で、
甘さが美味しい「ふじ」と、
酸味があってすっきりする「御所川原」の
2種類が楽しめます。

お土産にも好評なので、
5セットお買い上げです(笑)


陸奥柳田駅を通過(11:30ごろ)して数分すると、
山側には岩木山が見えてきます。

akitaE09s_DSC03113.JPG

鯵ヶ沢駅11:44発車すると間もなく、
列車は海沿いから内陸コースを走ります。

akitaE10s_DSC03116.JPG

鯵ヶ沢駅-五所川原駅間では、
津軽三味線の生演奏イベントがあります。
(2024年6月時点で1号、2号、3号のみ)

akitaE11s_DSC03125.JPG

この旅の1日目(2024年4月12日)に、
由利高原鉄道の矢島駅近くの
天寿酒造で買っておいた、
「純米吟醸 鳥海山」で呑み鉄開始です(酔)

akitaE12s_DSC03120.JPG

上品な甘味で後味もさっぱり呑みやすい
「純米吟醸 鳥海山」で呑み鉄しながら、
迫力の津軽三味線生演奏岩木山の風景は、
至福の時間です(酔)

五所川原駅12:10発車すると、
津軽伝統「金多豆蔵(きんたまめじょ)」人形芝居
が始まります。

akitaE13s_DSC03145.JPG

「金多豆蔵」は、
1907年(明治40年)に創作された伝統の人形劇で、
人は「豆」々しく、健康で働けば、
お「金」が「多」く入り、
「蔵」が建つという意味だそうです。

酒飲みで失敗ばかりだけど情けの深い「金多」と、
おっちょこちょいでおしゃべりだけど義理堅い「豆蔵」
この二人の漫才や冒険が面白いのですが、
天井の液晶モニタが邪魔なんですよね(汗)

五所川原駅付近からは岩木山の眺めも見事です。

akitaE14s_DSC03151.JPG

川部駅12:35到着、ここで進行方向が変わって、
JR五能線からJR奥羽本線を走るので、
6分ほど停車します。

akitaE15s_DSC03160.JPG

「ブナ」編成(HB-E300系)の、
森林の美しいデザインの車両を見物します。

akitaE16s_DSC03164.JPG

川部駅12:41発車して、
列車は弘前駅へ向かいますが、
ここでも岩木山の眺めが見事です。

akitaE17s_DSC03179.JPG

日本海側(西側)からの岩木山、
五所川原側(北側)からの岩木山、
弘前側(東側)からの岩木山、

3方向からの岩木山が眺められるのは、
大きな見どころではないでしょうか!

もっと宣伝していいのでは?と思います。

弘前駅12:48到着、
ここでまた進行方向が変わって、
列車は青森駅へ向かいます。

akitaE18s_DSC03180.JPG

青森駅へ向かう途中、
八甲田山方面の風景を眺めます。

akitaE19s_DSC03188.JPG

JR奥羽本線から見ると大きな壁のような駅、
新青森駅13:27到着、
新幹線乗り換えで多くの乗客が下車します。

akitaE20s_DSC03194.JPG

そして、終点の青森駅13:34到着、
5時間15分という長時間の
「リゾートしらかみ1号」の旅が終わります。

akitaE21s_DSC03201.JPG

akitaE22s_DSC03207.JPG

「リゾートしらかみ」は広々とした座席に、
日本海や美しい海岸、岩木山などの眺め、
途中駅での長時間停車、
津軽三味線生演奏などのイベント、
「ふれあい販売」などなど、
車内の楽しみが沢山あって、
指定席料金840円+運賃で乗車できるのが
嬉しいです。
(五能線フリーパス:大人3,880円2日間有効もお得)

アテンダントさんが乗車して、
いちいちお手振りや、あっち見てこっち見て、
お決まりの食事コースで時間が決められている、
今流行り?の豪華観光列車よりも、
自分でオリジナルの旅を組み立てられる、
「リゾートしらかみ」は、
個人的には一番好きな観光列車です。

イベントや長時間停車を楽しみながら、
現地の美味しいもの、お酒を持ち込んで、
いろんな車内での過ごし方ができて、
いろんな発見もあるので、
乗車時間が長くて"飽きる"なんて言うのは、
もったいないと思います。



このあとは、青森の街を歩いて、
この旅のラストスパートになります。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]



Hi-Vision列車通り「リゾートしらかみ くまげら編成」 [DVD]

Hi-Vision列車通り「リゾートしらかみ くまげら編成」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2007/02/14
  • メディア: DVD
今週末、鉄道の旅に出かけたくなるDVD みちのく鉄道の旅を10倍楽しむ方法

今週末、鉄道の旅に出かけたくなるDVD みちのく鉄道の旅を10倍楽しむ方法

  • 出版社/メーカー: 仙台放送
  • 発売日: 2010/09/17
  • メディア: DVD
JR五能線

JR五能線

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2021/01/12
  • メディア: Prime Video

nice!(77)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

nice! 77

コメント 8

skekhtehuacso

私も、去年の11月にあそぼーい!に乗った際には、同じ目に遭いました。
どう見ても欧米ではなく、海の向こう側の共産国。
途中の阿蘇駅でほぼ全員が降りて行ったのも同じ。
阿蘇には何の罪もありませんけれど、行きたくなくなりますね。
by skekhtehuacso (2024-06-19 21:31) 

ぼんぼちぼちぼち

礼儀正しくマナーを守っている外国人観光客のかたには、好感持てやすよね!
撮って差し上げた家族写真、とてもいい記念になるとお察ししやす!
by ぼんぼちぼちぼち (2024-06-20 10:28) 

U3

極東のC国やK国のみならず、欧州の方々は「郷に入っては郷に従え」という諺をご存じないようで、どこに行っても傍若無人に振る舞っているようです。
ですからもはや東京には、よんどころない所用でもない限り行かないことにしています。
でも千葉県の総武線沿線でも、「インバウンド客なる種族」は毎日のように見掛けるので、出来るだけ接触は避けて通りたいと思っております。

私事ですが、久し振りに「長編記事」を書いてしまいました。もしお時間があるのであればご笑覧あれ!
by U3 (2024-06-20 13:29) 

JUNKO

岩木山は姿の美しい山ですね。バス旅行だとどこまでも車窓から見えるのが嬉しいです。
by JUNKO (2024-06-20 19:36) 

ライス

skekhtehuacso さん、
欧米系の観光客は、日本にリスべペクトしている人が多くて、
歓迎すべき方々ですよね!
お隣系の某国人観光客はマナーもモラルもないばかりか、
団体なのも迷惑であります。
最近は、外国人を避けて計画する旅になってますので、
日本人観光客なのに何か違う気がしてます…
by ライス (2024-06-20 21:32) 

ライス

ぼんぼちぼちぼち さん、
世の中はオーバーツーリズムだと騒いでますが、
現実にはマナーのいい外国人が多く歓迎すべきだと思ってますので、
日本の旅の良い思い出を残して欲しいです。
マナーのない外国人は、きちんと取り締まらない自業自得な気がします。
by ライス (2024-06-20 21:39) 

ライス

U3 さん、
実際に旅をしていると、ほとんどの外国人観光客はモラルもあり、
歓迎すべきだと思います。
インバウントで儲けようと、行政も旅行業界も何も対策をせず、
何でも受け入れる・きっちり取り締まりしないなど、
目先のことばかりで将来を考えない自業自得だと思っています。
(まるで金まみれの政治と同じ、日本人の得意分野なのでしょうか)
少なくとも、反日教育をしている国の観光客は規制してほしいです。

貴ブログ記事、拝見しました。
長編(笑)ですので1週しか読んでませんので、
3周読んで間違いなく把握してからコメントさせていただきます。
by ライス (2024-06-20 21:50) 

ライス

JUNKO さん、
岩木山は美しく、天気が良くきれいに見えると嬉しくなります。
岩木山を囲むようにローカル線が走っていますので、
観光の目玉として、もっと知名度が上がって欲しいです。
by ライス (2024-06-20 21:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。