SSブログ

桜を追って秋田・青森の旅2024年 その11:木造駅編 [旅・散歩-東北(北東北)]

旅の2日目(2024年4月13日)、
早朝の秋田駅から出発して、
JR男鹿線の男鹿駅と
JR五能線のあきた白神駅での下車と、
快速「リゾートしらかみ3号」に乗車した
続きになります。

鯵ヶ沢駅-五所川原駅間では、
津軽三味線の生演奏イベントがありますが、
五所川原駅の1つ手前(秋田方面側)の、
木造(きづくり)駅で下車します。

akitaB01s_DSC02551.JPG

「リゾートしらかみ3号」の終点の、
弘前駅まで行っても、
弘前公園の桜もほぼ咲いてないので、
急遽、計画変更です。

木造駅14:55発車する列車を見送ります。

akitaB02s_DSC02554.JPG

「くまげら」編成(キハ40系)
デザインは美しいですね。

木造駅ですが、
JR五能線に乗車すると、
車内から見ていつも気になっていたので、
下車してみました。

akitaB03s_DSC02564.JPG

駅のホームからは(電線が邪魔ですが)、
岩木山の眺めがいいですね。

akitaB04s_DSC02590.JPG

駅舎内には、
お土産も売っている観光案内所があります。

akitaB05s_DSC02582.JPG

駅舎の外へ出ると・・・
近くの亀ヶ岡遺跡から発掘された、
遮光器土偶「シャコちゃん」のデザインです。

akitaB06s_DSC02565.JPG

巨大な「シャコちゃん」は、
厚みもあってインパクトがあります。

akitaB07s_DSC02567.JPG

駅のすぐ横には「縄文公園」があります。

akitaB08s_DSC02587.JPG

竪穴式住居風の建物(トイレなど)があって、
「シャコちゃん」デザインの駅舎と並んで、
アイデアと実行力が素晴らしいですね。

akitaB09s_DSC02574.JPG

駅前から15分ほど歩けば、
縄文住居展示資料館や温泉があるのですが、
突然の思い付きでの下車で、
秋田へ戻る列車を考えると時間がありません(汗)

akitaB10s_DSC02586.JPG

駅前にはレトロな建物もあって、
営業してないようですが、
出入口には歯科と書かれてました。

akitaB11s_DSC02585.JPG

20分ほどの滞在でしたが、
木造駅15:17発車の秋田駅行の
「リゾートしらかみ4号」に乗車します。

akitaB12s_DSC02596.JPG

実は、この旅の2日目の計画では、
早朝の普通列車で秋田駅から弘前駅へ行って、
弘前公園弘南鉄道の途中下車を楽しんでから、
この「リゾートしらかみ4号」で、
秋田駅へ戻るので指定席券を入手してました。

桜の状況で計画変更できるよう保険として、
「リゾートしらかみ3号」
「リゾートしらかみ6号」
指定席券も確保してました。
(桜が見ごろなら数日前に払い戻し予定でした)

指定席券840円×2枚は無駄になりましたが、
JR奥羽本線の東能代駅-弘前駅間の
運賃1,690円は不要になったのでよしとします。
(この日は「五能線フリーパス」を使用)

このときの「リゾートしらかみ4号」は、
「ブナ」編成(HB-E300系)でした。

akitaB13s_DSC02599.JPG

乗車すると、乗客は少ないです・・・

akitaB14s_DSC02618.JPG

ゆったりとした座席で再び、
「リゾートしらかみ」の旅が始まります。

akitaB15s_DSC02613.JPG

このときの「リゾートしらかみ4号」は、
津軽三味線の生演奏イベントはありません。

akitaB16s_DSC02611.JPG

千畳敷駅15:59到着、15分間の停車時間で、
千畳敷海岸の散策を楽しみます。

akitaB17s_DSC02634.JPG

千畳敷駅16:14発車、
この前日に由利高原鉄道の矢島駅近くの
天寿酒造で買っておいた、
「清澄辛口本醸造 鳥海山」で呑み鉄開始です(酔)

akitaB18s_20240413_170640.JPG

爽やかな甘味と、あとからくる軽い辛さの
「清澄辛口本醸造 鳥海山」は、
この日2本目になります(笑)

「リゾートしらかみ4号」は、
夕陽の逆光になるので写真は省略します。

akitaB19s_DSC02729.JPG

夕陽を眺めながら、
あきた白神駅近くの「産直ぶりこ」で買っておいた、
「ボテトサラダ」「おつまみオスあじ」
「あさりおむすび」で呑み鉄は続きます(酔)

akitaB20s_DSC02706.JPG

甘くて野菜たっぷりの「ボテトサラダ」、
カリッとして旨味がある「おつまみオスあじ」、
あさりも出汁もたっぷりの「あさりおむすび」、
どれも手作りで美味しくて量もあって、
それぞれ税込300円以下なのが嬉しいです。

東能代駅18:00到着、ここで進行方向転換して、
JR五能線からJR奥羽本線を走ります。

akitaB21s_DSC02740.JPG

記事はかなり省略しましたが、
終点の秋田駅19:01到着、
「リゾートしらかみ」三昧の旅が終わります。

akitaB22s_DSC02753.JPG

「産直ぶりこ」の惣菜も食べたし、
前日に比内地鶏で贅沢(8,000円超え)したので、
以前から気になって「駅そば しらかみ庵」で、
旅の2日目を〆ることにします。

akitaB23s_DSC01620.JPG

注文したのは、
「ぎばさそば」(税込660円)に、
「白神ネギ」(税込140円)のトッピングです。

akitaB24s_20240413_190936.JPG

「ぎばさそば」はお店のオススメで、
ぎばさ(あかもく)が生臭さなどがなく、
粘りも強力で山芋のようで美味しかったです。

お蕎麦も、いわゆる駅そばの食感よりもよく、
出汁が優しい甘さでとても美味しい、
駅そばではかなり上位のお店だと思います。
(店内も清潔で店員さんも親切でした)

「白神ネギ」は甘くて辛味はほぼなく、
そのままサクサクと食べても、
出汁につけて食べても美味しかったです。

「産直ぶりこ」と「駅そば しらかみ庵」で
この日の食費はかなりお安く済みました!


宿泊している「秋田キャッスルホテル」
へ戻って旅の2日目が終わります。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]



Hi-Vision列車通り「リゾートしらかみ くまげら編成」 [DVD]

Hi-Vision列車通り「リゾートしらかみ くまげら編成」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2007/02/14
  • メディア: DVD
ビコムベストセレクション JR五能線 [DVD]

ビコムベストセレクション JR五能線 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビコム株式会社
  • 発売日: 2017/01/21
  • メディア: DVD
天寿 清澄辛口 鳥海山 1800ml

天寿 清澄辛口 鳥海山 1800ml

  • 出版社/メーカー: 天寿酒造(株)
  • メディア:

nice!(79)  コメント(16) 

nice! 79

コメント 16

馬場

こんにちは。
千畳敷海岸駅、15分の停止時間に散歩って前回もありましたが
散歩に出ても良い計画で運行されているんですか?
「リゾートしらかみ」の列車の旅は素敵な所が多いですね。
大きな「シャコちゃん」を見たら降りて見たくなりますね。
by 馬場 (2024-06-09 16:38) 

ライス

馬場 さん、
「リゾートしらかみ」の千畳敷駅の停車ですが、
散策できますと車内放送もありますし、
発車3分前に警笛も鳴りますので大丈夫です。
「リゾートしらかみ」は指定席券840円+運賃で乗車できるのに、
魅力が多い観光列車ですので、毎年乗車したくなります。

「シャコちゃん」はインパクトありますよね!
今回は時間がありませんでしたが、
街や縄文住居展示資料館へも行ってみたかったです。
by ライス (2024-06-09 22:47) 

いっぷく

シャコちゃんは片足がないところも現物に忠実ですね。
by いっぷく (2024-06-10 00:19) 

yamatonosuke

巨大なシャコちゃんがちょっとかわいい(笑)
やっぱり夜とか目からビームが出るのですか(≧◇≦)
駅前のレトロな建物も含め歴史遺産に登録です~
列車はどれもヨーロッパみたいで素敵☆
その車内で夕陽を眺めながら日本酒は至福の時間~
ぎばさそばは間違いなくご当地グルメですね(^^♪
by yamatonosuke (2024-06-10 01:00) 

そら

こんにちは。
木造駅…どこかで聞いた事があると思ったら、しゃこたんの駅ですね。
私も一度行って見たかったんです!
ライスさま、ありがとうございます。
こんなに楽しい駅だったのですね。
ライスさまの青森、秋田旅行はほんとに毎回楽しくて美味しそう。
やっぱり行かなきや。桜の季節が一番素敵だなぁ。
by そら (2024-06-10 08:10) 

ぼんぼちぼちぼち

建物の入口に巨大な土偶、インパクトありやすね〜!
by ぼんぼちぼちぼち (2024-06-10 10:43) 

mayu

竪穴式住居風の建物、こういう建物を見ると、俄然、中が知りたくなりますが、トイレなのですね(*'▽')
by mayu (2024-06-10 15:40) 

ライス

いっぷく さん、
シャコちゃんをキャラクター化したら駅も魅力なかったでしょうね。
発掘したときに片足だったのも、人気の理由かもしれませんね。
by ライス (2024-06-10 21:36) 

ライス

yamatonosuke さん、
巨大化して忠実に再現したシャコちゃんは、
かわいらしさもありますね。
列車が到着すると、目が赤く光るらしいですが、
このときは短時間で列車の発着はなかったので見れませんでした。
(噂では、子供が怖がるとかで今は光らないらしいです)
「リゾートしらかみ」の3種類の車両は座席も広くて、
大きな窓で車内も明るくきれいで、何度でも乗車したくなります。
ローカル線に揺られて日本海の風景を眺めながらいただくお酒は、
3倍ぐらい美味しいです(笑)
「しらかみ庵」のお蕎麦は甘い出汁系でかなり美味しいのですが、
さっぱりとしたとろみのぎばさは、よく合って美味しかったです。
by ライス (2024-06-10 21:44) 

ライス

そら さん、
木造駅は前々から気になっていて情報収集していたのですが、
実際に肉眼で見てみると迫力がありました。
シャコちゃん(遮光器土偶)は、子供の頃は怖く感じましたが、
今はかわいらしく感じます。
五能線は列車の本数が少ないので、途中下車には注意が必要ですが、
沿線は楽しい場所も多く、混み合うこともほぼないので、
是非、行かれる機会がありましたらと思います。
「リゾートしらかみ」で美味しいものを食べながら、
ゆったり旅するのも楽しいです。
by ライス (2024-06-10 22:03) 

ライス

ぼんぼちぼちぼち さん、
シャコちゃんはデフォルメしたりせずに、
リアルに巨大化したのがインパクトがあってよかったと思います。
もっと知名度があってもいい駅だと思います。

by ライス (2024-06-10 22:07) 

ライス

mayu さん、
竪穴式住居風の建物・公園をつくってしまうのも、
素晴らしいアイデアですよね!
竪穴式住居風のトイレですが今は使用禁止になってます。
”竪穴式"だけに、どんなトイレか気になりますね。
by ライス (2024-06-10 22:19) 

skekhtehuacso

しらかみ庵、立ち食いにしてはなかなかおいしいですよね。
東京の駅そば(あじさい(味災)・きらく(危落))がいかに堕落してしまったかよくわかります。
しらかみ庵と通路を挟んで反対側にあるあきたくらすでは、かつては朝8時から飲めましたが、コロナ禍後は変わったみたいでした。
by skekhtehuacso (2024-06-10 23:04) 

青い森のヨッチン

シャコちゃん人気で駅を利用しない観光客も写真を撮りに来ています。
列車の発着5分前だったかこのシャコちゃんの目が七色に光るのも人気の演出です。
味気の無い八戸駅も合掌土偶で駅舎をデザインしたらよかったのに・・縄文異物には事欠かない本県です。
by 青い森のヨッチン (2024-06-11 09:59) 

ライス

skekhtehuacso さん、
「しらかみ庵」は美味しいですよね!
秋田というと比内地鶏などに気をとられて、今回初めてでしたが、
駅そば(立ち食いそば)のレベルとは違います。
東京では新橋、新宿あたりではよく食べてましたが、
コスパに関しては「しらかみ庵」レベルには及びません。
「あきたくらす」は気になっていたのですが、
「しらかみ庵」のあと(19:30過ぎ)はラストオーダー終了でした…
by ライス (2024-06-11 22:51) 

ライス

青い森のヨッチン さん、
シャコちゃんはリアルに再現したからこそ人気だと思います。
目が光るのは見れませんでしたが、人もいない夜は怖いですよね(汗)
もっと宣伝して知名度を上げてもいい駅だと思います。
駅員さん(委託されている観光案内所の方?)が不愛想だったのが、
ちょっと残念でした。
仰る通り、青森県は土偶・縄文の発掘も多いので、
各駅でコラボして集客につなげればいいのにと、勿体なく思います。
by ライス (2024-06-11 22:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。