SSブログ

青森へ花見と鉄道の旅 振り返り編 [旅・散歩-東北(北東北)]

GW連休は5月2日~6日の5日間でしたが、
3月の23連勤4月の12連勤代休なし
出勤から帰宅して夜の在宅勤務が続き、
(テレワークの意味がない(笑))
体力と気力の復活を優先して、
最初の3日間は寝たきりで、
事実上2日間の休みでした(汗)

そんな背景でしたので、
ブログ更新もできませんでしたが、
5月9日~11日を3連休にして、
自分的にはこちらがGW本番です(笑)



さて、今回の記事ですが、
非常事態宣言が発令されて、
今年(2020年)は花見の旅ができず、
4月下旬に計画していた、
青森への花見の旅も残念でしたので、
過去の青森での花見を
花見気分で振り返ってみました。

青森の桜といえば、
弘前公園の知名度が高いですね。

東京駅からJR東北新幹線で約3時間半、
新青森駅でJR奥羽本線へ乗り換えて、
30分ほどで弘前駅に到着します。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami01s_DSC07209.JPG

桜の見ごろになると、
列車は激混みですので注意です(汗)

弘前駅から15分ほど歩くと、
弘前公園に到着します。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami02s_DSC07100.JPG

バスが運行されてますが、
バス乗り場は大行列になりますので、
待ち時間と混雑のストレスを考えると、
体力があれば歩いたほうがいいかも(汗)

まだ石垣の修復工事前の
弘前城天守です。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami03s__DSC07131.jpg

撮影スポットで有名な、
下乗橋(ゲジョウバシ)と天守です。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami04s__DSC07141.jpg

下乗橋は人(特に外人)が多すぎて、
身動きできないほど激混みになります(汗)

弘前公園内を散歩していると、
圧倒的な桜の量と密度を体験できます。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami05s_DSC07177.JPG

桜の満開の時期が過ぎて、
散ってきても、桜吹雪や、
花びらが水面を覆う花筏(はないかだ)は、
量が多くて圧巻です!

(2018年4月に撮影)
aomori_hanami06s_DSC09627.JPG

弘前公園での花見のあとは、
弘前駅で列車を見物します。

秋田駅青-森駅間を結ぶ、
特急「つがる」E751系電車)です。

(2017年4月に撮影)
aomori_hanami07s_DSC01834.JPG

桜の季節は、
快速「リゾートあすなろ」HB-E300系
が弘前駅まで運転されることがあります。

(2018年4月に撮影)
aomori_hanami08s_DSC09689.JPG

弘前駅には貨物駅も設置されているので、
貨物列車も多く見られます。

(2018年4月に撮影)
aomori_hanami09s_DSC09679.JPG

以前は、桜の季節の臨時列車を、
583系電車で運行したこともありました。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami10s_DSC07197.jpg

弘前駅には弘南鉄道も乗り入れていて、
今年(2020年)は弘南鉄道へ乗車して、
猿賀公園へ行く予定でした・・・

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami11s_DSC07093.JPG

次に、桜と鉄道が切り離せない、
芦野公園です。

JR奥羽本線の弘前駅、川部駅から、
JR五能線の列車へ乗り換えます。

(2017年4月に撮影)
aomori_hanami12s_DSC01823.JPG

弘前駅から約40分、
川部駅から約30分の、
五所川原駅で、
津軽鉄道へ乗り換えます。
http://tsutetsu.com/

(2017年4月に撮影)
aomori_hanami13s_DSC02447.JPG

津軽鉄道の津軽五所川原駅から、
約30分ほどで芦野公園駅に到着します。

(2016年4月に撮影)
aomori_hanami14s_DSC03906.JPG

駅が桜に囲まれていて、
列車が発着するときは、
撮影しようとする人で大混雑です(汗)

桜のトンネルを列車が走る風景は、
風情がありますね。

(2016年4月に撮影)
aomori_hanami15s_DSC03895.JPG

桜の時期でも津軽鉄道の列車には、
ストーブ列車が連結されることもあって、
サービス精神も素晴らしいです。

駅に隣接する芦野公園は、
桜の量が多くて、広い公園です。

(2016年4月に撮影)
aomori_hanami16s_DSC03915.JPG

(2016年4月に撮影)
aomori_hanami17s_DSC03934.JPG

桜のトンネルもあって、
花見散歩が楽しめます。

(2016年4月に撮影)
aomori_hanami18s_DSC03961.JPG

そして、青森駅近辺にも、
桜の見どころがあります。

(2017年4月に撮影)
aomori_hanami19s_DSC02097.JPG

合浦公園(がっぽこうえん)は、
地元商店の安い出店も多くて、
賑やかな花見スポットです。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami20s_DSC07256.JPG

青森駅から歩くと40分はかかりますが、
途中に桜の木も多くて楽しめます。

合浦公園は、
陸奥湾の海に面しているのが特徴で、
桜のすぐ先が海岸になってます。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami21s_aomori212B_DSC07261.jpg

桜の量も多くて、
海岸での散歩も楽しめます。

(2018年4月に撮影)
aomori_hanami22s_DSC09364.JPG

青森駅から徒歩10分圏内にも、
桜のスポットがあります。

青い森公園です。

(2017年4月に撮影)
aomori_hanami23s_DSC02062.JPG

善知鳥神社 (うとうじんじゃ)です。

(2015年4月に撮影)
aomori_hanami24s_DSC06052.JPG

早朝の人が少ない時間に、
散歩するのがオススメです。

青森駅からは、
観光列車「リゾートしらかみ」
が運転されていて、
花見と一緒に、
人気の観光列車も楽しめます。

(2014年4月に撮影)
aomori_hanami25s_DSC07278.JPG

青森、秋田へ行くと、
「リゾートしらかみ」には
欠かさず乗車(笑)してますので、
今までのまとめ記事も考えてます。

JR北海道新幹線
新青森駅-新函館北斗駅間が開業する、
2016年(平成28年)3月まで、
新青森駅-函館駅間で運行していた、
特急「スーパー白鳥」
JR北海道789系電車
も乗車したかったですね・・・

(2015年4月に撮影)
aomori_hanami26s_DSC06149.JPG

今回の青森への花見の旅は、
中止になりましたが、
実は、宿泊先については、
4月下旬から8月へ延期してます。
(キャンセルするのは悔しいので)

花見の時期以外で、
青森方面への旅も楽しみですので、
早いところこの状況は収束して、
平常に戻ってほしいですね[ふらふら]


nice!(95)  コメント(8) 

nice! 95

コメント 8

tomi_tomi

流石に弘前城の花筏は圧巻ですね!来年こそは皆が何の心配もなく見物出来たらと思います
by tomi_tomi (2020-05-07 17:17) 

johncomeback

弘前城には中学の修学旅行で行って以来何度も登城しました。
昨年のGWにも行って見事な「花筏」を鑑賞しました(^^)
by johncomeback (2020-05-08 19:42) 

青い森のヨッチン

弘前公園は公園全体を立ち入り禁止にしてしまいました。
堀に沿った道路からは桜を眺められますが今シーズンは桜の開花状況や満開の桜の写真をSNSにUPするのも自粛するように求められていました。でも最近市の公式動画で桜の様子が公開されていますが・・
リゾートあすなろは大湊線にも入線するので近所を走る光景をよく見ます。
by 青い森のヨッチン (2020-05-08 20:10) 

ライス

tomi_tomi さん、
激混みなのはわかっていても、
弘前城の桜は見たくなりますね!
平和だからこそ激混みなんですね(汗)
来年こそは、早朝狙いで弘前で花見したいです。
by ライス (2020-05-09 01:49) 

ライス

johncomeback さん、
弘前城へは、まだ桜の時期にしか行ったことがありませんので、
混んでいて登城したことがなく、羨ましいです。
GW前は満開の桜、GWには花筏が見れるのがいいですね。
by ライス (2020-05-09 01:53) 

ライス

青い森のヨッチン さん、
今年は花見もできず残念でした。
自粛の中、圧巻の桜の風景は勿体ないので、
早く平常に戻って、来年こそは訪れたいです。
青森は、大湊線、津軽線方面へは行ったことがありませんので、
延期した夏に、計画中です。
by ライス (2020-05-09 01:59) 

ぼんぼちぼちぼち

一面の花筏、仰るとおり圧巻でやすね!
水面がまったく見えないでやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2020-05-15 21:12) 

ライス

ぼんぼちぼちぼち さん、
たいぶ返信遅れてしまい、すみません(汗)
弘前城は、桜が散って花筏になっても、
結構な量の見ごろの桜も残ってますので、
もしかすると、満開より少し遅い方が、
水面が見えない圧巻の花筏や、もの凄い花吹雪も見れるので、
楽しみが多いかもしれません。
by ライス (2020-05-18 07:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。